コーヒー片手に本やCD、DVDが選べる

外観
1階は書籍・雑誌&カフェ。2階はCD、DVDの販売とレンタル。
一昔前であれば、本屋で立ち読みなんて“してはいけないこと”のひとつとされていました。現在でも本が傷まないように、また中を見せないようにと紐でしばられていたり、パッキングされている店も多いのが現実。

そんな中、「TSUTAYA」では、「スターバックス コーヒー ジャパン(株)」とライセンス契約を結び、コーヒーを楽しみながら、ゆっくりと書籍やCD、DVDが選べるという新たなライフスタイルを提案した「BOOK&CAFE」を展開しています。

BOOK&CAFE
コーヒー片手にくつろぎながら、好みの本をじっくりと選べるのがうれしい。
「BOOK&CAFE」とは、カフェと書籍販売(CD、DVDを含む)が融合した店舗のこと。実はこのスタイル、既にアメリカでは定着しているコンセプトなのですが、日本ではまだまだ馴染みがありません。

コーヒーを片手に本を選んだり、CDの視聴をしたりするのも自由。書籍に関しては立ち読みだけではなく、ゆっくり吟味したければカフェスペースに購入前の本を持ち込んで、座ってゆっくり見比べるということまでできるのです。

そして今回ご紹介している「TSUTAYA横浜みなとみらい店」には、「TSUTAYA」初の試みとして「キッズカフェ」も導入されました。

TSUTAYA初の「キッズカフェ」とは……?

BOOK&CAFE
「スターバックス コーヒー」に隣接した「キッズカフェ」。
キッズコーナーとスターバックスに挟まれるような位置にあるのが「キッズカフェ」。隣接するキッズコーナーで、子どもが絵本を読んだり、遊ぶ姿を見ながら、大人は安心してコーヒーや書籍選びを楽しめます。
BOOK&CAFE
購入前から自由に本の内容を見て選べるなんて、まるで図書館のよう。子供サイズの椅子とテーブルも用意されています。
定番の絵本だけでなく、知育絵本や仕掛け絵本、図鑑、実用百科、学習マンガ、幼児用ドリルなどこのキッズコーナーだけでも児童書籍1万冊がそろう豊富な品揃えです。他にもおはなしパズルや知育ブロックなどで遊ぶこともでき、子供たちを退屈させません。飽きやすい子供と一緒でも、ここならゆっくり吟味して子供の気に入った本だけを購入できるというわけ。付録のついた幼年誌以外のほとんどの本が、内容を確認することが可能です。

また、子供と一緒では普段なかなかゆっくり本を選ぶ機会のないパパやママも、交代で書籍やCD、DVDが選べるのもうれしいところ。同店ではビジネス書なども広く取り扱っており、休日にはママだけでなくパパの姿も目立ちます。

子連れに魅力のポイント&イベント情報