外観
訪れる人々が地上のどこよりも安らげる空間をと、世界的建築家マリオ・ベリーニが手がけた「リゾナーレ」。
間もなくやってくる雪の季節。昨シーズンが記録的な暖冬だったこともあり、今年はスノーリゾートへ!と計画をされているご家族も多いのではないでしょうか。そこで今回は3世代での旅行にもおすすめ、性別・年齢にかかわらず家族の誰もが楽しめる山梨県の八ヶ岳にある「リゾナーレ」をご紹介します。

晴天率90%の青空広がるゲレンデへはホテルフロントからシャトルバスが運行。スキーは用具の準備や重い荷物の移動が面倒、と躊躇していたご家族必見のスペシャルプランも登場しました。今年はおじいちゃん、おばあちゃんも孫と一緒にゲレンデデビューしちゃいましょう!

INDEX
■大人のためのファミリーリゾート
「手ぶらでスキーへ!」の冬のスペシャルプラン

建築界の巨匠が手がけた日本屈指のデザインホテル

外観(ピーマン通り)
イタリアの街並みをイメージさせる「ピーマン通り」
南アルプス連峰、八ヶ岳、富士山の雄大なロケーションに抱かれた「リゾナーレ」。世界的な建築デザインの巨匠マリオ・ベリーニが手がけたこのリゾートホテルは、首都圏からも近く、冬は子連れで訪れたいスノーリゾートのひとつです。

イタリアの街並みをイメージさせる「ピーマン通り」、その中央には施設全体を見渡せる円形の「ベリーニタワー」があります。石畳の回廊沿いにはアーティストたちのギャラリーやセレクトショップなど21店舗が並び、様々なイベントもこの通りで行われています。

客室(テラススウィート)
「テラススイート」は家族が心地よい時間を過ごすのにぴったり。
露天風呂付、メゾネットタイプ、プライベートガーデンやテラス付きなど、居心地の良さを追求した客室のバリエーションは10以上。スタンダードでも十分にくつろげる広さ(35平米)をもつ空間では日常から解き放たれてリラックスできることでしょう。

スパ&プール(イルマーレ)
開放感あふれるプール&スパは子供たちのはしゃぎ声と大人たちの穏やかな時間が交差する場所。
1.2mものビッグウェーブをはじめ、様々なアクティビティが楽しめる温水プール、アロマの香りたつジャグジーと夜は星空を仰ぐスパで大人も子供も解放的な気分に。自然の中に溶け込んでいくような温浴施設「もくもく湯」には男女別のエリアに加え、家族で一緒に楽しめる露天混浴エリアも設置されています。

ブックス&カフェ
リゾートのくつろぎの中で本と過ごす贅沢なひととき。
のんびりと読書に耽るのもまた贅沢。広場の催しや山々を眺めつつ「ブックス&カフェ」でコーヒーの香りに包まれて本と過ごすひと時もいいですね。アート、ファッション、ライフスタイルなどの新刊も揃い、子供向けの本も用意されています。

料理(オットセッテ)
高原のイタリアンには季節の色彩と味わいが。〔メインダイニング「OTTO SETTE(オットセッテ)」〕
遊びつかれてお腹が空いたら、八ヶ岳のおいしさを楽しむ、タイプの違うふたつのレストランがあります。メインダイニング「OTTO SETTE(オットセッテ)」では、7人の達人が丹精込めて育てあげた季節の素材を使った独創的なイタリアンをワインと共に。グリルレストラン「YY grill(ワイワイグリル)」では、12mもの長いブッフェボードに八ヶ岳高原野菜をふんだんに使ったグリル料理を楽しめます。子供用メニューも揃っているので、子連れファミリーにも好評です。

スキーだけではない非日常のリゾート滞在を満喫できる施設が「リゾナーレ」にはあるのです。

「手ぶらでスキーへ!」の冬のスペシャルプラン