ふれあいラグーン
2007年7月27日オープン!
2007年7月27日(金曜日)、「横浜・八景島シーパラダイス」に水族館としては3つ目の施設となる「ふれあいラグーン」がオープン!

小さな子ども連れでも楽しめるかな?そんなママたちの疑問を解消するため、ガイドが一足早く海の生きものたちとの“ふれあい”を体験し、レポートします!

INDEX
■「ふれあいラグーン」って何?
イルカやクジラに急接近!
生態観察に適した3つの水槽はチビッコたちに大人気!
子どもも参加OK「ふれあいパフォーマンス」や「ウォーキングツアー」
基本は短パン!海(プール)の中に入ってふれあう「サカナリーフ」
イルカやセイウチがすぐそこに !?のホテルやレストラン、他


横浜・八景島シーパラダイスに3つ目の水族館!

八景島シーパラダイスには、たくさんの海の生きものたちを総合的に知ることのできる「アクアミュージアム」、幻想的なイルカに癒される「ドルフィンファンタジー」という2つの水族館があり、この夏OPENのふれあいをテーマとした「ドルフィンファンタジー」は同シーパラダイス3つ目の水族館となります。
【参考】遊ぶ?学ぶ?横浜で子供目線の水族館めぐり

これら3つの水族館を総称して「アクアリゾーツ」とし、3施設を利用できるチケット「アクアリゾーツパス」が販売されます(詳細はDATA参照)。

コンセプトは「Open Aquarium」

全景
大きく分けて3つのゾーンで構成されています。
「Open Aquarium」とは、人間主体の展示ではなく、生きものと人との心と心のふれあいを重視し、相互にコミュニケーションをとることができる新しい展示方法なのだそう。3つのゾーンから構成されたこの「ふれあいラグーン」では、観覧者である私たちと生き物たちとの仕切り(ガラスや柵)を限りなく取り除いた状態で、今までにない距離感で観察し、そしてふれあうことができるというのが魅力なのです。

“ふれあい”から学ぶために・・・

ウェルカムポート
入場すると全員まずは「ウェルカムポート」へ。
入場すると、まず最初に入るのが「ウェルカムポート」。ここでは生きものたちとふれあうための約束事やマナー、注意事項などを案内すると共に、楽しむための方法をモニターを使って説明してくれます。

安全に、そして動物たちにもストレスを与えない「ふれあい」を楽しむために、入場口では「安全のしおり」も配布しています。必ず目を通しましょう。

この「ウェルカムポート」のモニター説明が終わるとゲートが開かれ、さぁ!ふれあい体験のはじまりです!

まずはイルカやクジラが待っている「ホエールオーシャン」へ!