ペンションやホテルもいいけれど、たまには家族みずいらず古風な旅館でゆったり過ごしたい。そんなファミリーにおすすめの旅館をご紹介します。
豪華さや奇抜さではなく、自然の美しさや人の温もりを感じる、そんな旅館で育児や仕事の疲れを癒しませんか。
おじいちゃん・おばあちゃんを誘って3世代旅行で行くのも楽しいですね。

INDEX
■ふるさとがしのばれる宿 角屋旅館〔新潟県北蒲原郡〕
なかや旅館〔群馬県水上〕
季粋の宿 紋屋〔千葉県白浜〕


ふるさとがしのばれる宿 角屋旅館〔新潟県北蒲原郡〕

「ふるさとがしのばれる宿 角屋旅館」は、五頭連峰県立自然公園の中の村杉温泉にあり、懐かしい杉林に囲まれた温泉街の、杉の香りのする民芸調の宿です。
小さな宿ですが、「この夏(8月)は100%満室でした」というのを聞いても、その隠れた人気の高さをうかがえます。

お部屋は全室趣向を凝らした造りですが、なかでも囲炉裏を配した客室は年配者には懐かしく、子供たちには珍しい、3世代家族には特におすすめのお部屋です。

木造2階建ての昔ながらの造りなのでエレベーターはないのですが、お年寄りの方のためにと小さな階段でも全てに手すりがつけられています。

しっとりとした雰囲気の露天風呂は村杉温泉ならではの、杉にこだわったもの。杉の木目の美しさが見どころです。
24時間予約不要・料金無料で貸しきりできる露天風呂「杉こだちの湯」(写真右)と、男女交代の露天風呂「竹ばやしの湯」があります。

今年8月には新しく露天風呂つき客室が誕生
「もみじの湯」と名づけられたこちらの露天風呂からは、もみじが覆いかぶさるように葉を広げる姿が見られます。秋には真っ赤に色づいた紅葉を楽しむ事もできます。
通常タイプのお部屋料金のプラス5,000円で宿泊できるこちらのお部屋は、人気も高いのでお休みが決まったら早めの予約がおすすめです。(15,000円~)

 
15種類もある宿泊プランは、好みの料理を選べるのがうれしい!

自家栽培の新鮮・完熟野菜や契約栽培コシヒカリなど、地元の新鮮な材料を使用した料理は薄味で食べにくいものはほとんどなく、ボリュームも満点。

郷土色豊かな「越後さなぶり料理」プランの他にも「海鮮」、「霜降り和牛」、「タラバガニ」など好みで選べるプランも多数。

気になる子供向けのサービスはホームページ内でも詳しく紹介されているので事前にチェックを。

小さな子供のための追加料理は、単品で注文できるし、そのメニューも充実しています。
おすすめメニューはふわふわでジューシーな「ふんわりだし巻きたまご」(750円/写真右)。
この他にも減農薬栽培大豆100%の豆腐を使った「温泉湯豆腐」(2人前600円)や減農薬栽培コシヒカリ100%の「おかゆ」(300円)、大人にも大好評の「白玉クリームあんみつ」(750円)などがおすすめです。