最後にご紹介するのは、沖縄の2軒。
本部町の赤瓦の古民家は、コテージ・キャナック。庭先からは、遠くコバルトブルーの海。丘を少し登ると、幻のピザ喫茶と呼ばれる花人逢。うちなーたいむでのんびり三線を弾けば、あなたももう立派な“うちなんちゅう”。(赤瓦の古民家は3棟のうち1棟)
もう一軒。読谷村の古民家は少し変り種。
それもそのはず、ゆめあ~るは、戦後米国人住宅として建てられた民家。コンクリ平屋に庭の付いたロッジには、愛する“わんこ”を連れて行ってもOK。リゾートしない沖縄生活をのんびり楽しんでみるのも、いいかもしれませんね。
素敵な「懐かしい夏」を送れますように。

【投稿募集】このほかにも、全国いろいろな貸し民家があることでしょう。皆様お気に入りの一軒があれば、こちらの「感想」コーナーに書き込んで、ぜひ教えてください!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。