飛行機の割引チケットの種類と利用テク

航空各社のホームページにいくと、様々なチケットがあり、どれを活用したらいいか迷ってしまいますね。今回はJAL、ANAを中心に、割引運賃の種類と特徴や、お盆や年末年始などを安く乗り切るテクも紹介します。

【目次】
「割引率が高い=リスクも高い」を意識する 
予定が合うなら超お得! 抜群の割引率!
1カ月以上前に予約確定ならお得なチケット
直前まで購入OK。でも予定変更はNGなチケット
割引に加え急な予定変更OK! 出張にも◎の会員限定チケット
その他の航空会社の割引チケットの状況は?
割引のない繁忙期を乗り切るテク

「割引率が高い=リスクも高い」を意識する

いろいろと発売されているけれど?!
割引運賃は基本的に割引率が高ければ高いほど、制約も多く予定変更時などのリスクも高いのが通常です。各チケットの条件をよく確認し、旅計画に合ったものをセレクトしましょう。

最低限確認したい条件は以下3つ
■購入期限(搭乗日の何日前まで購入が可能か)
■予約の変更ができるか? 及びキャンセル規定
■発売時期と適用される路線

一般的に、購入期限が前倒しであればあるほど割引率は高い(=価格は安い)傾向にあります。また割引率の高い切符は予約の変更ができない、キャンセル料が高いというデメリットがあり、搭乗日時がはっきりしない場合には適しません。

その他、チケットによっては繁忙期や、混雑する路線は販売がないことも多いもの。この3つの条件が、自分の希望と合致しているかをチェックして選ぶといいでしょう。以降、割引率が高いチケットから順に解説しましょう。