ホテルの種類

ホテル業態の分類は、日本では同じ宿泊施設に「旅館」という歴史と伝統のある業態があるため、若干、インターナショナルな業態区分とは異なる定義があります。一応、分類としては、

・ラグジュアリー(最高級・豪華)
・ハイエンド(高級)
・ミドル(中級)
・エコノミー(普通)
・バジェット(低料金)

という5分類がインターナショナルな定義としてあり、日本ではこの5分類をさらに、

・フルサービス(シティホテル)
・ビジネスホテル
・リゾートホテル

というような機能で3分類しています。

5分類を解説すると、

■ラグジュアリー、ハイエンド
客室単価3万円以上(外資系高級ホテルは5万円以上)の高級ホテルです。

この数年、日本には数多くの外資系高級ホテルが相次いでオープンしました。時系列で言うと、90年代の「パークハイアット東京」「フォーシーズンズホテル椿山荘東京」「ウェスティンホテル東京」から始まり、最近の「グランドハイアット東京」「ザ・リッツ・カールトンホテル大阪」「ザ・リッツ・カールトンホテル東京」「コンラッドホテル東京」「ザ・ペニンシュラホテル東京」「ザ・マンダリンホテル東京」「ザ・シャングリ・ラホテル東京」と続きます。

それまでは高級ホテルのカテゴリーには「帝国ホテル」「ホテルオークラ東京」「ホテルニューオータニ」(御三家と呼ばれている)や一部のプリンスホテルとインターナショナルチェーンのヒルトンやマリオット、ウェスティンホテルなどが挙がっていました。

■ミドル
客室単価2万円以上の京王プラザや東急ホテルなど鉄道会社が持つホテルが該当します。

■エコノミー
客室単価1万円台で、全国展開しているビジネスホテルチェーンのワシントンホテルや東急イン、サンルートホテルなどがこのカテゴリーに入ってきます。

■バジェット
客室単価が1万円を割り、リーズナブル感とロケーションの良さで安定した人気を集めています。この数年で急成長を遂げていて、東横イン、ルートイン、アパ(これも御三家と呼ばれています)といった新興のホテルチェーンが有名です。

3分類を解説すると、
■フルサービス(シティホテル)
宿泊・料飲・宴会の部門を持っている、都市にあるホテルです。ビジネスユースに対応している場合も多いです。

■ビジネスホテル
和製英語で、ビジネスマンが主に利用する中級ホテル。パソコン環境が整っている、ビジネスセンターがあるなど、ビジネスユースに適応しています。

■リゾートホテル
リゾートに立地し、休暇滞在に適したホテル。プールやスパがあるなど、リラックスできる施設・設備が充実しています。

ファミリー向けの大型ホテルから最近では沖縄に象徴されるスモールラグジュアリータイプのホテルが相次いでオープン(「ジ・アッタテラス」「オリエンタルヒルズ」「喜瀬・別邸」など)、客室単価も5万円を超えるようなレベルにあります。

■その他のホテル
さらにホテル業態は細分化され、

クラシックホテル
歴史ある老舗のホテルです(開業から50年以上のホテルで現在もオリジナルの建物の半分以上が営業で使われている)。
箱根富士屋ホテル、奈良ホテル、日光金谷ホテル、川奈ホテルなど

カルチャーホテル
アートホテルと呼ばれる文化的、意味合いのある施設や営業テーマのあるホテルです。
伊豆一碧湖ホテルなど

エコロジーホテル
リサイクルの素材を使ったリネン類を採用しているなど、エコロジーの認定を受けているホテルです。
ヒルトン東京ベイ、ザ・ウィンザーホテル洞爺など

など、ホテル市場のきめ細かなニーズへの対応を図っています。

ホテルの客室料金

客室の料金設定は、この30年来ほとんど一定の基準設定が変わっていません。分かりやすく表現すると「1平方メートル=1000円」という定義です。ですから20平方メートルの客室ならば2万円となります。

しかし、この数年で“価格破壊”が顕著に起っており、インターネット宿泊予約やネットオークションでの割り引きがデフレスパイラルの追い風になる構造が定着しています。現在ではネットで「定価の80%割引」というようなケースも決して珍しくなく、ホテル利用者の皆様にとっては素敵なホテルをリーズナブルな料金で利用出来るチャンスが拡大しているということが言えるでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。