ホテルの基礎知識

ホテルライフをより楽しんでいただけるよう、基本的な事項も含めて「ホテルとはどういう世界か」を解説します。

ホテルと旅館の違い

ホテルと旅館の違いは何でしょう? 旅館は日本の伝統文化でもあり、その歴史は1000年を超えます。一方、ホテルは明治時代になって外国から輸入された文化です。

ホテルの基本的な特徴としては、
・館内では靴を履く
・宿泊料に食事代が含まれない
・ベッドで就寝する
・部屋に浴室がある
が挙げられます。

収入形態は、宿泊、料飲、宴会、がありますが、最近では宿泊特化型といったホテルも増えてきております。

ホテルの種類

ホテルはいまやグローバルな時代。世界中にホテルを展開しているインターナショナルチェーン(ヒルトン、マリオット、ハイアット、ウェスティン、シェラトン、ザ・リッツ・カールトン、シャングリ・ラホテルなど)やその国独自の文化や伝統を表現したドメスティックホテル(独立系ホテル)までいろいろなタイプがあります。それぞれの特徴を見て、自らのホテル利用の目的をフォーカスして素敵なホテルライフを展開しましょう。