【赤ちゃんの服装】着物やベビードレスの衣装が人気。レンタルもOK

お宮参り

お宮参りの服装は、祝い着でもベビードレスでもOK

  • 着物の祝い着なら、男子は熨斗目模様、女子は友禅模様が人気
  • 洋装なら、ベビードレスでとケープで!
  • 写真館のレンタル衣装付きプランが便利
お宮参りの赤ちゃんの衣装は、和装の場合、白羽二重の着物を着せた上から、紋付きの祝い着をかける形が正式な服装です。しかし最近では、簡単に白いベビードレスの上に祝い着をかける着せ方が主流に!
また、洋装の場合、ベビードレスにケープをかけるスタイルが人気です。

着物の祝い着の場合、男の子なら、鷹や兜や鶴などの勇ましい絵柄の「熨斗目模様(のしめもよう)」が定番で、カラーは黒・紺・白・グレーなどが人気。女の子の場合は、花や蝶や御所車が描かれた「友禅模様(ゆうぜんもよう)」の着物で、カラーは赤やピンク・黄色が人気です。
お宮参りの祝い着の結び目にお守りをつける事も

お宮参りの祝い着の結び目にお守りをつける事も

祝い着の着せ方は、まずベビードレスを着た赤ちゃんを抱いて上から祝い着をかけ、抱っこしている人の背中で祝い着の紐を結びます。その紐にお守りやご祝儀をぶらさげる地方もあります。

祝い着の着物を購入した場合は、男児5歳と女児3歳の七五三の着物に仕立て直すことができます。

かつて祝い着は「母方の祖父母が購入するもの」とされていましたが、最近ではレンタルで済ませる人も多く、費用分担については両家で相談するとよいでしょう。

また最近では、お宮参り用祝い着のレンタル衣装のが付いた、写真館の「お宮参り撮影プラン」も手軽で人気を集めています。


【親の服装】スーツ・ワンピース・着物など……両家のバランスも意識して

お宮参り

スーツ・ワンピース・和装など、少しあらたまったよそ行きの服装を

  • 着物や礼服でなくても、スーツ・ワンピースなどの綺麗な服装でOK
  • 着物を着る場合は、「訪問着・色無地・付け下げ」が一般的
  • 両家の服装の格を、事前に擦り合わせて!
お宮参りの際の親の服装は、父親はスーツ、母親はスーツ・ワンピース・着物など、少しあらたまったよそ行きの格好にします。「両家の服装の格・バランス」がとれていれば問題ないので、事前に出席する両家で、何を着ていくのかを擦り合わせておきましょう。

赤ちゃんに和装の着物の祝い着を着せた場合、昔は祖母や母親は紋付の礼装着物・黒留袖で付き添っていましたが、現在ではスーツやワンピースなどを洋服を着る人も多いです。もし着物を着る場合は、「訪問着・色無地・付け下げ」が一般的。

また、赤ちゃんが洋装のベビードレス場合は、スーツやワンピースなどが主流です。

お宮参りは、あくまで赤ちゃんが主役なので、パパ・ママの服装が派手で目立ちすぎない様、色味にも配慮が必要です。

特に産後のママは授乳や体調の関係もあるので、「負担が少ない服装、授乳しやすい前開きの服装を選ぶ」という視点も、心がけてください。

※関連記事
お宮参りの親の服装!ママはスーツ・着物・ワンピース…どれが正解?


【夏のお宮参り】服装、時期調整などで暑さ対策をする!

夏のお宮参りの服装や暑さ対策は?

夏のお宮参りの服装や暑さ対策は?

  • 涼しい時期への延期OK!写真だけ前撮りするケースも
  • 赤ちゃんの衣装は涼しく。着物の祝い着は祈祷、写真の時だけ着せる
  • 親の服装は、夏素材のスーツやワンピースがオススメ
お宮参りの時期が夏の猛暑シーズンと重なってしまう場合、赤ちゃんとママの体調を優先して考えて、日程を涼しい時期にずらしたり、スタジオ撮影のみ夏に行い、神社参拝は涼しい時期に延期するなどのアレンジをしても良いでしょう。もし、夏にお宮参りをする場合は、服装をはじめとした、以下の暑さ対策を検討してください。

■夏のお宮参りの暑さ対策
  • 可能なら、冷房完備の神社を選ぶ
  • 炎天下の中を長時間移動しないでよいよう交通手段を考慮する
  • 授乳室の下調べをし、こまめな水分補給を心がける
  • 赤ちゃん大人ともに、夏用に服装のアレンジをする

■夏のお宮参り・赤ちゃんの服装注意点
  • 着物の祝い着や厚手のベビードレスは祈祷や写真撮影の時だけ着用する
  • 祈祷と写真撮影以外は、涼しい薄手のベビー服で過ごす
  • 冷房対策用のおくるみ、汗をかいた時用のタオルや着替えを持参する

■夏のお宮参り・父親と祖父の服装
  • パパは、夏素材のスーツがオススメ。シャツは半袖でもOK
  • ジャケットやネクタイが暑い場合は、祈祷や記念撮影のときだけ着用する
  • リネン素材のスーツはシワになりやすくカジュアルな印象を与えるので、両家の服装のバランスをみて調整する

■夏のお宮参り・母親と祖母の服装
  • ママは、夏素材のスーツやワンピースがオススメ。肩や胸元など肌の露出が大きすぎない、落ち着いた色味のものを選ぶ
  • 足元は爪先が出ないタイプのパンプスがベスト。素足やサンダル・ミュールは避ける
  • 着物の場合は夏素材の物を。浴衣はカジュアル過ぎるのでNG
     

【冬のお宮参り】服装、時期調整などで防寒対策をする!

極寒の冬シーズンのお宮参りの注意点は?

極寒の冬シーズンのお宮参りの注意点は?

  • 暖かい時期への延期OK!写真だけ前撮りするケースも
  • 七五三や初詣などの混雑時期を避けて調整してもOK!
  • 赤ちゃんの衣装は防寒重視。着物の祝い着は祈祷、写真の時だけ着せる形でもよい

お宮参りの時期が冬の極寒シーズンと重なってしまう場合、赤ちゃんとママの体調を優先して考えて、日程を暖かい時期にずらしたり、スタジオ撮影のみ冬に行い、神社参拝は暖かい時期に延期するなどのアレンジをしても良いでしょう。もし、冬にお宮参りをする場合は、服装をはじめとした、以下の寒さ対策を検討してください。

■冬のお宮参りの寒さ対策
  • 可能なら、暖房完備の神社を選ぶ
  • 極寒の中を長時間移動しないでよいよう交通手段を考慮する
  • 赤ちゃん大人ともに、冬用に服装のアレンジをする

>>次ページでは「神社での初穂料・玉串料、参拝のやり方、誰が抱っこするのか?」について説明します。