【場所】お宮参りをする神社はどこでもOK!地域の氏神さまもオススメ

お宮参り

お宮参りはどこの神社で行ってもかまわない
 

  • お宮参りの場所は、どこの神社で行っても良い
  • 地域の氏神様もオススメ!
昔のお宮参りは、氏神様に参拝して新しい氏子(うじこ)として祝福をうける行事と、お産の忌明けの儀式の意味合いもありました。しかし現在では、無事に生まれた感謝と健やかな成長を願う行事となっています。

最近では昔のような「氏子入りの儀式的な意味合い」は薄れてきているため、出生地や住んでいる地域の氏神さまが奉ってある神社にこだわる必要はなく、お宮参りはどこの神社で行っても大丈夫とされています。

ただし、地域の氏神様の神社でお宮参りをすれば、住んでいる地域の氏神様がどこかも認識もできますし、そこの行事に参加することで地域の人々との繋がりが一層強まるというメリットもあります。

 

【時期】お宮参りは生後30日前後の天候の良い日に行う

お宮参りは生後30日前後の天候の良い日に行う

お宮参りは生後30日前後の天候の良い日に行う

  • 生後30日前後の天候の良いに実施すれば良い
  • 男子は生後31~32日、女子は生後32~33日目頃が一般的
地方により、お宮参りの時期をいつ行うかは様々ですが、一般的には「男の子では生後31・32日目」「女の子では32・33日目」が良いとされています。

しかし、実際には日数にこだわる必要はなく、生後30日前後で母親や子供の体調を最優先で決めればOKです。夏の猛暑時期や冬の極寒時期も無理に行う必要はなく、気候の良い季節に延期して構いません。

実際、関東地方でお宮参りを行う時期は、生後30日から100日前後までと様々です。北海道や東北地方も、寒い時期を避け、暖かくなってから行なう場合もあります。

また、祖父母が遠方に住んでいる場合等、何度も集まってお祝いをする事が難しいケースもあります。お宮参りを行った後の食事会で、同時にお食い初めを行うというご場合もあるので、各家庭の事情に合わせて時期を調整をするとよいでしょう。

 

【六曜】大安の日でなくても、仏滅でも実施OK

六曜はお宮参りの日程を決める際の参考程度に

六曜はお宮参りの日程を決める際の参考程度に

  • 六曜や六輝は参考程度に!にこだわりすぎる必要はない
  • 大安でなくても、先勝・先負・赤口・友引・仏滅…いずれもOK
六曜や六輝にこだわる人の中には「お宮参りは大安の日でないといけない」「仏滅に行うのは避けた方がいい」と考える人も居ますが、六曜はあくまでも日程を決める際の参考程度に考えましょう。

お宮参りは、大安・先勝・先負・赤口・友引・仏滅……どの六曜で行っても良く、タブーという日もありません。

 

【参加者】赤ちゃん・両親・両祖父母で行うのが一般的

お宮参りには誰を呼ぶべきか?

お宮参りには誰を呼ぶべきか?

  • 赤ちゃん・両親・両祖父母で行う
  • 祖父母が遠方在住の場合は、親子だけで行う場合も
お宮参りの参加者は誰を呼べばいいのでしょうか?
昔のお宮参りは、赤ちゃん・父親・父方の祖父母だけで行っていました。それは、赤ちゃんは父家系の孫であり、母親はまだ産後の忌明けがすんでいないという考えに基づくものです。

しかし現代では、赤ちゃん、両親、父方と母方の両祖父母が参加して行うのが一般的なスタイル。「家族が集まるイベント」いう意味合いが強くなったので、両親の兄弟姉妹が参加を希望する場合もあります。実際に誰をどこまで呼ぶのかは、両家で相談のうえ決定しましょう。

また、両祖父母が遠方在住の場合や、体調が思わしくないなどの事情により、赤ちゃんと両親だけで行う場合もありますが、後から写真やビデオでお宮参りの様子を教えてあげれば、特に問題はないでしょう。

>>次ページでは「服装と赤ちゃんを誰が抱くか?」について説明します。