家族の必需品大地震に備えて常備しておく物として、「非常持ち出し袋」があります。

災害が発生して避難をしなければいけない状況になったとき、又「避難をすべきだ!」と判断した時に、避難場所にたどり着くまでに「使うかもしれない」モノと、すぐには帰れなくなってしまう事を想定して「必要になるであろうというモノ」を、事前に準備しておくモノです。

この非常持ち出し袋にいれなければいけないモノを考える時、大きく分けて二種類のモノを意識して準備するとよいでしょう。

一つは、
例えば、水や食料、軍手やヘルメットなどです。

もう一つは、個人的に手放せないモノや必需品、嗜好品です。

通帳や債権のように、金銭的に重要なモノもあれば、他人から見たら「何?それ。」と言われそうなモノでも、本人にとっては「命の次に大事なモノ」だったりすることもあります。災害時に緊急避難をした際に、その大事なモノを持って逃げていれば、「それが心配でたまらなくなってしまう」などのジレンマにも陥らなくて済むでしょう。

また、自分の大事なモノを持って逃げられるようにしておくことで、せっかく避難したのに、ソレを取りに火災や倒壊した家屋に戻ってしまい、被災してしまう事態も回避。まさに、一石二鳥というやつです(そこまで凄くはないか…)。

では、家族共通の必需品とはなんでしょう?

備えておきたい非常持ち出し用品

水 食べ物
食べ物
人間が1日に必要とする水は、おおよそ3L。それを、3日分準備するとよいでしょう。

非常持ち出し袋には、1~2L程度用意し、残りは「備蓄品」として、別に準備しておきましょう。


詳細は準備中
非常食を備える時は、賞味期限前に食べる気になるものを用意しましょう。

非常食にこだわる必要はなく、缶詰やレトルト食品でも充分です。出来るだけ、加熱や調理の必要のない物を選びましょう。
詳細は準備中
靴・軍手・ヘルメット 嗜好品
靴・軍手・ヘルメット 嗜好品
寝室にはスリッパを!ってよく言いますが、外に出ればやっぱ靴は必要です。
とにかく、災害時には怪我をしないようにすることが重要なのです。

軍手やヘルメットも、無用な怪我から体を守る、重要なアイテムです。

詳細は準備中
ここでいう嗜好品とは、
主に甘い物

チョコレートやキャラメル、キャンディーなどの甘い物は、疲れた体を癒してくれるだけでなく、疲労時の糖分補給にもなり、子供を落ち着かせる時にも、役に立ちます。


詳細は準備中
ラジオ・懐中電灯 身分証明書
ラジオ・懐中電灯 身分証明書
災害時には、正確な情報の入手によって、さまざまな判断をしなければならなくなります。耳からの情報だけでなく、五感をフルに活用することになるでしょう。

暗いところで目からの情報を得る為には、明かりは必需品です。



詳細
は準備中
被災時には、パソコンなどのデータは使えなくなっていることも想定しなければいけません。

そんな時、個人情報を必要とする銀行や公的機関では、やはり身分証明書があると便利です。

血液型や病歴、薬歴を書いた
ライフブックも役に立ちます。


詳細は準備中

ここでご紹介した物は、これだけは非常持ち出し袋に入れたい!と、私が思った物の中から、家族共通の必需品を選びました。

もっと、沢山の中から選んでみたい方は、読者の方々から頂いた情報をまとめてありますので、参考にしてみて下さい。

次回は、「絶対持って避難したい、私の大事な物」です。

関連記事

『非常袋』備えのススメ!!

チェックシート被災した『その時』欲しかったモノ

独自の防災マニュアルを作ろう「 グラッと来たらテーブルの下?

【防災豆知識】避難するの?しないの? こんな時は避難所へ!

徹底解析! 日本直撃『大地震』

地震への備えNO.2 誰の為に備えるのか?

『171災害用伝言ダイヤル』と『張り紙』 どうする?家族の安否確認

『171災害用伝言ダイヤルの使い方』

【購入したくなったらコチラ】

おいしく食べる『防災用品』

非常持ち出し袋の『防災用品』

もしもに備える『防災用品』

被災地から学んだ『防災用品』

オンラインショッピング

お店・商品

今回の記事でお伝えした「製品」よりも優れているモノ、同様に役に立つモノ、などがございましたら、是非教えてくださいネ!!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。