結婚生活の中で変化が訪れたときは気をつけて!

夫婦
子どもができると夫婦関係にも変化が―
離婚カウンセラーの岡野あつこです! 結婚後、一生の間に夫婦には「ターニングポイント」が何度か訪れます。その際、夫婦の気持ちがずれることなく、その変化を共に乗り越えられるなら、問題は起こらず、ますます夫婦として家族として、強く結び合えることでしょう。

しかし、このターニングポイントをきっかけとして、夫婦の気持ちにずれが生じてしまい危機を迎えてしまうということがあります。では、その夫婦のターニングポイントとは一体どんなときなのでしょうか?

妊娠・出産がきっかけで夫婦関係に亀裂!?

結婚して最初で最大ともいえる夫婦のターニングポイントが妊娠・出産です。現代の夫たちは、妊娠中の妻にはとても優しくお腹が大きくなるほどに家事にも協力的。

しかし、その一方で妻が妊娠中だというのに、いたわることもせず、外の世界に目がいき遊んだり浮気をしたりする夫がいます。このような夫の不誠実な態度に接すると、妻は自分の身体が大変なときだからこそ、心に深い傷を負ってしまいます。

また、出産に立ち会う約束をいざとなったら怖気づいてすっぽかしてしまい、妻を落胆・失望させてしまうケースもあります。赤ちゃん誕生の感動を一緒に味わいたいという思いが妻にとって強ければ強いほど、こんなおめでたいことはないというこのとき、夫婦関係に亀裂が入ることにもなってしまうわけです。

→夫の仕事、妻の仕事が原因のすれ違い