騒いでしまったら離婚へ向かうしかなくなることも—

婚姻
ついこの間までは新婚同様だったのに
離婚カウンセラーの岡野あつこです! 実はこの時期、浮気の問題が表面化してくるケースが多いことをご存知でしたか?

4月に異動があり、新しい出会いがあります。歓迎会や親睦会などを経てお互いに好感を持つ。好意を確認後5月に急接近。そして、6月に入り、始まった浮気によってあなたのパートナーには態度や行動に変化が表れ始め、浮気発覚、となるわけです。

夫婦なら、浮気をしているパートナーの変化に何かしら気づくことがあると思います。しかし、気づいた後、どんな行動をとるかは、人によってまったく違います。夫婦、家庭の状況、周囲の環境などによっても違ってくるはず—。あなたなら、どうしますか?

このとき、例え浮気をしたパートナーでも離婚をせず夫婦関係をやり直したいというのであれば、決して騒いではいけません。浮気の事実を知ることが、どれだけ苦しいことかは、私には痛いほどわかります。でも、苦しいということはそれだけパートナーへの思いがあるということなのです。騒いでしまったら、それだけ修復するのは困難になります。ここを忘れないで!

→次ページへ続く~浮気を発見するのなんて簡単