妻は欠席裁判長?

波
悪口から始まった、夫婦の波風
他人の悪口を延々と聞かされている夫は、だんだん妻の人間性を疑うようになってしまいます。

「○○さんったら、ほんとブタよ。あれまた太ったわよ。うちはお金なくてーなんて言って、食費遣い過ぎてるから他に回らないのよ。だって子どももブタなのよ。ブサイクなの。ダンナだけじゃない? 細いのは。やせ細っちゃって。可哀想! ダンナもバカじゃない? 食費渡さない方がいいんじゃないかしら? 」  

…そんなよその家のことなんか、どうでもいいじゃないか…。

「あなたの会社の○○さん、何あれ? 気持ち悪い喋り方。四十過ぎても、結婚できなくて当然ね。えっ? 今度結婚するの? ウソでしょ? あの人とHするってことでしょ? 信じらんなーい!」

…そんなことを言うおまえの方が、信じられない…。

「あなたの実家のお義母さん、掃除しているのかしら? 汚くて上がるとき何が足の裏についちゃうかと思うと怖いわ。今度から帰省はあなたひとりで行ってくれる? 」

…トシとると視力も衰えて細かいゴミは見えないし、掃除も難儀なんだよ。嫁のおまえが行って、やってやろうって気はないのかね…。

妻は、その場にいない人の悪口を言う人間であり、「一歩外に出れば、今度は俺の悪口でも言ってんだろう…」と、思われてしまいます。

せっかく夫婦の信頼関係を築いてこれまでやってきたのに、一夜にして崩れてしまったら…? もったいないです。築き上げるのは、何年もかかり大変なのに、崩れるときは一瞬です。

悪口を言う人間の姿は醜く見えてきますし、品位も自ら下げているようなものです。

→次ページへ続く~悪口は不幸を呼ぶネガティブなエネルギー