悪口なんかに付き合っていられるか! という夫の本音

男
「帰った瞬間から、聞きたくない話が…」
離婚・カップルカウンセラーの岡野あつこです! 「ねえー、聞いてるの? 」、妻が何を言っても、だんまりか相槌を打つだけの夫。

私の話に対してコメントしてくれたことがあったかしら? まったく、もうっ! 何か1言でも、言ってくれれば、気も収まるのにぃーっ、プンプン! こんなこと、ありませんか? 

けれども、もし妻の話の内容が、他人の悪口であったら? いえいえ、他人どころか、身内の悪口であったら? 夫の悪口を本人の前でグダグダ言って責めているのだったら? 

「うーん…。また、始まったぞ…」とばかりに、どこまでもだんまりを決めこむか、相槌だけ打って聞き流したくもなります。

夫も、自分に余裕があるときなら受け止めて、真剣にあれこれコメントもしてくれることでしょう。でも、疲れているとき、仕事のことで頭がいっぱいのとき、怖い顔をした妻に、愚痴っぽく悪口を延々と聞かされたら、不快感でいっぱいになり、もっと疲れて「いい加減にしてくれー」と逃げ出したくなってしまいます。

→次ページへ続く~妻は欠席裁判長?!」