4、約束は必ず守る。破る可能性のある約束はしない

どんな小さな約束でも守らなければいけません。どうしても守れない時には、できるだけ早く相手に知らせることが大事。これは勿論、親同士、親が子に対する時、両方に言えることです。このくらい大したことではない、と思っても、相手にとっては重要なことであるかも知れません。
 
例えば、離れて暮らす方の親が子どもに、いついつどこへ連れていってあげる、と約束したとします。ところがその約束の日の直前になってどうしても外せない仕事が入ってしまった。仕方なくドタキャンしたが、子どもはその日を指折り数えて楽しみに待っていたのです。まだ、一緒に暮らしていれば、すぐに顔を見てフォローも出来ます。でも離れていればそれも叶わず、子どもは裏切られた、やっぱり自分は大事にされていないんだ、と思い込みがっかりしてしまいます。
 
また、親同士の間の約束ごとにしても、決めたことは必ず守るべきです。例えば帰りの時間など、たまにしか会えない方は少しでも長くと思い、ついつい遅くなってしまいます。でも、一緒に暮らす方の親は、翌日からの学校に備えてあれこれさせなくてはならないことなど考えて、約束の時間を1分でも過ぎればヤキモキするわけです。「遅くなる、何分頃」という連絡は少しでも早く入れなければ、相手への不信感は募り、もう会わせない、などということにもなりかねません。
 
一度決めた約束を守ることは、子どものためにも良いことです。

次回に続く



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。