浴衣でデート!大江戸温泉物語 -INDEX-
1. お台場に温泉テーマパークが登場! 1/2/3
2. 大江戸温泉物語は広い!楽しい! 1/2/3
3. 「江戸の町」で心身ともにリフレッシュ 1/2/3
2003年3月1日のオープン以来、お台場デート&観光の定番スポットになりつつある日本最大級の温泉テーマパーク『大江戸温泉物語』。天然温泉やお食事処など湯・食・遊が楽しめる新癒し系スポットの魅力をレポートします。
大江戸温泉物語 DATA
公式サイト http://www.ooedoonsen.jp/
住所 〒134-0064 東京都江東区青海2-57 地図を表示
TEL / FAX 03-5500-1126 / 03-5500-4126
最寄駅 新交通ゆりかもめ「テレコムセンター」駅下車 徒歩2分
りんかい線「東京テレポート」駅より無料シャトルバス利用
営業時間 11:00~AM9:00 (お風呂により一部異なる)
飲食店営業時間 11:00~AM2:00 (ショップにより一部異なる)
休業日 年中無休
料金(大人) 2,700円 (浴衣・タオルレンタル料金を含みます)
※土日、祝日は滞在4時間の制限あり。
※深夜2時を過ぎての滞在は1,500円の深夜料金が必要
まず最初に驚くのが、浴衣を着ないと江戸の町(館内)には入れないという徹底ぶり!帳場で手形キーを受け取り『越後屋』へ向かい、お好みのオリジナル浴衣を選びましょう。
浴衣の種類は背中に浮世絵などを描いた全18種類。男女一緒に浴衣姿で楽しめるエリアも広いため、自分に合う浴衣をぜひ選びたいもの。迷ったら「町」を行き交う他の「町民」を参考に♪
『町内」は、大きく5つのエリアに分けられ、江戸・下町の賑わいを再現した『広小路』、温泉が湧き出る『湯屋』、男女一緒に浴衣姿で楽しめる『足湯』、江戸前の味が楽しめる『八百八町』、湯上りにゆったりできる『休み処』『ほぐし屋』です。
日中の館内は、中年以上の男女が目立ちますが、夕方以降は若いカップルと女性グループばかり。そんなテーマパークのエリア別紹介は次ページ以降で。「てっとり早くおすすめポイントが知りたい!」という方はこちらをどうぞ。