福岡市民憩いの場所・大濠公園。池の周りには約2kmのジョギングコースには多くの人たちが歩いたり、走ったりと楽しんでます。
シリーズ・地下鉄に乗っての第3回目。今回は空港線・大濠公園駅周辺をご紹介。魅力溢れるこのエリアを2回に分けてご案内する、その1回目は大濠公園内ならびに公園南側をご案内。

この地区は大濠公園西側には福岡市内有数の高級住宅地が広がり、北側から東側には庶民的で穴場的なお店が点在。

普段は大濠公園には行くけれど...と云う方には是非探索してもらいたいエリア。自分のお気に入りのお店に出会う、そんな予感がする街です。

さぁ、大濠公園駅周辺をご一緒に散策してみましょう。


大濠公園駅周辺、なんでも豆知識

空港線・大濠公園駅のマークは、桜をイメージしたもの。
地下鉄の建設が決まり、各駅名の検討がされたところ、今の「大濠公園駅」は、もともと「荒津駅」という仮称の駅名が付いていました。駅名で仮称のままにならなかったのは実はこの「大濠公園駅」のみ。個人的には慣れもあるとは思いますが、今の駅名・大濠公園駅はこのエリアのイメージがすぐ分かり、いい響きの駅名ではないかと思います。


下の方に「福岡県」の文字が!確かに福岡県と書いてある!!
さて大濠公園(おおほりこうえん)は福岡県営の公園ってご存知でしたか?普段は気にもしていませんでしたが、取材をして初めて私自身も知ったほどです。大濠公園には約40万平方メートルの敷地中央にーは大きな池があり、池を貫くように複数の島が浮び、それぞれが橋でつながっています。

その昔、大濠公園周辺は草ヶ江と呼ばれる博多湾の大きな入江で、福岡初代藩主の黒田長政は約7年を掛け福岡城築城の際にこの入江の一部を埋め、荒津山(今の西公園)の麓に福岡港を築き、南の入江は福岡城の外濠(大堀)として城の護りとしました。その後、福岡県が中国西湖に模して造園を着工し、昭和4年に開園したのが現在の大濠公園。日本でも有数の水の公園で、市民の憩いの場として広く親しまれています。

日本庭園内に流れる滝。ここではせせらぎの音と鳥達の鳴き声が聞こえ、ちょっと落ち着く空間。
大濠公園周辺には福岡城址(舞鶴公園)、福岡市美術館、護国神社、日本庭園などがあり、一帯は福岡市民の憩いの場。公園南口には築山林泉回遊式の庭園で、園内には数寄屋造りの茶室と茶会館がある日本庭園があります。ちょっと休憩したい時に、この庭園に寄ってみるのはいい寄り道になると思います。


築山林泉回遊式の庭園中央に配置されている池。多くの鯉が気持ち良さそうに泳いでいます。
日本庭園
・電話番号:092-741-8377
・開園時間:9:00~17:00(6~8月は18:00まで)
・休園日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
・入園料:¥240
・地図:「Yahoo! 地図情報」


大濠公園の池の周囲は、ほぼ2kmとキリの良いジョギング・サイクリングコースが整備され、週末となると多くの人たちが楽しむ光景が見られます。また、毎年8月1日(雨天の時は翌日)には、西日本大濠花火大会が開催されており、福岡市の夏の風物詩として知られています。公園周辺は良い住環境の住宅街が広がっており、福岡でも有数の高級住宅街です。

また、公園の中には桜や山茶花、イチョウ、もみじ、モチノキなどいろいろな木が植栽してあるので、花や紅葉も楽しめる。(ただ、群生しているわけではなくチラホラとある程度である


大濠公園

福岡市美術館



大濠公園駅周辺の気になるお店~大濠公園南側&公園内エリア~

大濠公園周辺には、魅力的で一度は行ってみたいお店がいっぱい。今回はエリア別にご紹介してみます。前編は大濠公園の南側エリアをご紹介。

気象庁の横に位置するLA SPIGAは、イタリアンパンが買えるお洒落なお店。店員さんは全て女性で、明るい笑顔で迎えてくれます。ここで買って大濠公園でゆっくり食べるのもいいかも。店内でも休憩可能です。


LA SPIGAの横に位置するgospel。入り口の落ちついた佇まいは、店内も同じ。ゆっくりとした時間の流れに身を置いて、味わい深いコーヒーが楽しめる大人のお店。


店名からは鶏料理のお店?っと思ってしまいますが、新鮮な魚を財布に優しい価格で提供してくれるはかたや木鶏。ランチもやっていてちょっと寄りたいそんなお店です。


歩いていると、ちょっと気になるお店を発見。その店名は茶わん坂。店内にはいつも花が飾られていて気持ちいい空間。和の焼き物が所狭しと展示され、器好きには堪らないお店。


タンと串物が自慢のたんや卜傳。ここはサガリも絶品で、行った際には是非ご賞味あれ。煮込み系のメニューも充実しているので、お腹一杯になる前に慎重にご注文を。


ここふじ松のそばは、優しい味のダシが特徴。そのダシが使われているどのメニューも美味しいの一言。ハズレなしの隠れた名店。噂によるとチャンポンが絶品とのこと。次回は注文してみようと考えています。


この界隈の中でも老舗的な存在の牛亭。ランチはちょっと遅めの14:30までやっていて嬉しい。ニンニク醤油味のソースはご飯がすすみ、日本人には嬉しい味を堪能。落ち着いた雰囲気の店内でディナーもいいのでは。


優しい笑顔がチャームポイントのご主人が揚げる串揚げは美味い!その名は串京。ここでは落ち着いた雰囲気の店内で、ゆっくりと食事をしたい、そんなお店。


イタリアンの有名店・ルンゴ(TEL:092-771-7363、定休日:火曜日及び第3月曜日)。ランチ時には、多くの女性の方々が来店し、その味を満喫。近所の方々に愛され、子供連れにも配慮していて、安心してイタリアンを楽しめるお店。人気があるのも納得です。


大濠公園内にある花の木。ここは、マリリンモンローが来福時に食事をした部屋が移設され、そしてその味を楽しんだというオニオングラタンスープが味わえます。大スターも愛した味を体感してみては。


大濠公園の南側エリアは気になる飲食店が点在。行きたいお店は事前にチェックして足を運びましょう。

光りが燦々と降り注ぐ大濠公園は、散歩にジョギング、ローラースケートやサイクリングなど色々な過ごし方が出来る都会のオアシス。あるアメリカの方は、ニューヨークのセントラルパークみたいと云ってる人もいます。(私は行ったことがないので、なんとも云えないのですが...。)休日のひと時、大濠公園に出掛けてみてちょっとした運動、あるいは美術館で文化的な時間を過ごしたりしてみませんか?

次回後編は、大濠公園の美味しい北側エリアをご案内します。お楽しみに。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。