ストップウォッチ完全版にチャレンジします。今回は長いActionScriptが登場しますが、順を追って見ていきましょう。
ストップウォッチ完全版。
(.flaファイルはページの最後でダウンロードできます)

これまでのActionscriptを総動員!

ストップウォッチの画像をダウンロード
1. ここからサンプルのFlashをダウンロードしてください。
リセット(インスタンス「resetButton」)とスタート/ストップ(インスタンス「startButton」)の機能を持たせるボタンが二つ。時間の計測を行うテキストボックス(インスタンス「time」)が一つあります。今回はフレームに書いたActionScriptからボタンに

2. レイヤー「action」の1フレーム目に以下のActionscriptを記述します。
time.text = "00:00:00";
startFlag = false;
firstFlag = false;
nowTime = 0
startTime = 0;
dispBaseTime = 0;
function displayUpdate(){
	_root.nowTime = getTimer();
	_root.dispBaseTime = _root.nowTime -  _root.startTime;

	milliSecond = Math.floor(dispBaseTime/10);
	milliSecond = ("00" + milliSecond).substr(-2, 2);

	second = Math.floor(dispBaseTime/1000%60);
	if(second < 10){
		second = "0" + second;
	}
	minutae = Math.floor(dispBaseTime/1000/60);
	if(minutae < 10){
		minutae = "0" + minutae;
	}
	time.text = minutae + ":" + second + ":" + milliSecond;
}
startButton.onRelease = function(){
	if(startFlag == false){
		if(firstFlag == false){
			_root.startTime = getTimer() - _root.dispBaseTime;
			firstFlag = true;
		}
		_root.onEnterFrame = displayUpdate;
		startFlag = true;
	}else{
		_root.onEnterFrame = null;
		startFlag = false;
		
	}
}
resetButton.onRelease = function(){
_root.nowTime = 0
_root.startTime = 0;
_root.dispBaseTime=0;
_root.startFlag = false;
_root.firstFlag = false;

_root.onEnterFrame = null;
time.text = "00:00:00";
}
長文になりますが分解していくと分かりやすくなります。

次のページでは分解し、詳しく説明していきます。