特待制度とは?

「特待制度」とは、勉強面での成績が優秀な生徒に対し、入学金や授業料の一部、あるいは全部が免除される制度です。これ以外にも、スポーツ面での成績が優秀な生徒を対象とした「スポーツ特待制度」というものもあります。

高校にもよりますが、入学試験での「成績上位者5%以内の者」といった基準で、特待生が決まります。免除される対象や金額に違いがある、いくつかの特待生を設けている学校もあります。

<ある高校の特待制度の例>
特待生 入学金 授業料
特待生A 全額免除 全額免除
特待生B 全額免除 1/2免除
特待生C 全額免除 1/3免除

「私立」と聞いただけでもためらってしまう家庭には、これは朗報ですね。

文部科学省の「子どもの学習費調査H16年版」では、公立と私立の高校の年間の教育費の違いは、

■公立高校……516,331円
■私立高校……1,034,689円

と2倍近い開きがあります。

私立の高校へ進学したいけれど、学費が高く進学が困難という生徒への配慮からも、この特待制度は大いに存在意義がありそうです。しかし、ここへきて高校野球の特待制度に待った!がかかったのです。

発端はプロ野球の裏金問題

今回の問題は、プロ野球球団が選手や監督に金品を渡していた「裏金問題」に端を発します。確かに、一部でこうした不正があったのは残念なことです。

施設面での充実が必要なことから、スポーツ競技の強豪校と呼ばれる高校は私立に多い傾向にあります。こうして私立高校を中心に、多くの高校が学業だけでなくスポーツ競技でも特待制度を取り入れています。

>>特待制度、高校野球だけダメな理由>>