堺名産けし餅本舗 小島屋 「けし餅」

小島屋さんのけし餅。「堺名産」の文字が渋くて、かっこいいです。
茶聖・千利休を産んだ町・堺には美味しいお茶菓子(和菓子)のお店が多いのですが、江戸時代初期の延宝年間に創業して、300年以上の歴史を誇るのが小島屋さんのけし餅(1箱6個入り 税込882円)。中世・堺は南蛮貿易の一大拠点となって、数多くの珍しい舶来物が取引されましたが、芥子の実もそのうちのひとつで、室町時代にインドからもたらされました。甘さが控えめなこしあんを、薄く柔らかな餅皮で包んで、その表面に、美しく芥子をまぶしています。

芥子の食感や風味も素晴らしいのですが、お餅の柔らかさがこれまた格別。歴史都市・堺を代表する名菓といえます。
ひとくち食べると、芥子の実がプチプチいって、その音と感触と風味がたまりません。昭和天皇も天覧ならびにお買上げしたことがあるとか。すこぶる上品な味で、大阪・堺の和菓子というのは、奥が深いと唸らされます。

※購入場所
JR新大阪駅構内3階(※改札の外) 「おみやげ街道」