いよいよ伝説のタイガースラーメン登場!
さて、そのお味のほうは…!?

三好名物、伝説のタイガースラーメン(770円)です。これほどまで見事に阪神タイガースのイニシャルマークを再現されると唸るほかありません!
ごらん下さい!こちらが伝説のメニュー「タイガースラーメン」です! ラーメン鉢の中央にドドーン!とご鎮座する黄色い「TH」のマーク。もちろんこれは阪神タイガースのイニシャルで、よく見ると玉子焼きで作られています。青ネギが一面に浮かんでいて、スープは赤っぽく、豆板醤系のようです。

「いざ食べよう!」とお箸袋を取り出すと、それまでも虎柄…。じつに心憎い趣向です。
ショッキングな外観に怯みながらも、「とりあえず食べてみよう」とお箸袋を取り出すと、これまた嬉しいことに虎柄のお箸袋。「こんなところまで虎柄とは!」と感慨を覚えながら、いざタイガースラーメンを食べてみると……「お、おいしい!」。正直「意外」といっては失礼ですが、外観ほどショッキングな味ではなくて、むしろ本格的かつ正統派なラーメンでした。少しピリカラ風で、食べていると自然と汗が出てきますが、食べられないほどの激辛ではありません。むしろ辛さの刺激が食欲増進を促すようで、夏バテのさいなどにはオススメできそうです。とくにガイドが驚いたのは想像以上に青ネギが多いこと。シャリシャリと刺激があって、これまたピリカラ風のスープとよく合います。

肝心のTHマークの玉子焼きですが、フワフワして柔らかいというよりも、むしろ重量感があって食べ応え十分!という感じでしょうか。なにより阪神ファンとしては愛する阪神タイガースのマークなので、食べるのが「もったいない」気がして、いつ食べればいいのか?と非常に悩みました。いろいろと考えた結果、ガイドはまず「H」(阪神)部分を食べて、「T」(タイガース)だけにして、一番最後に「T」部分を食べて、心ゆくまでタイガースラーメンを堪能しました。

さて、伝説のタイガースラーメンを食べ終えて大満足のガイドでしたが、食べ終えると「一体どうしてこんなラーメンを作ったのか?」という謎がふつふつと浮かんできました。そこでチャイニースレストラン三好のオーナーに突撃インタビューを敢行。

次ページでは「タイガースラーメン開発秘話」をご紹介します!