ナニワの下町・天下茶屋にある「安倍晴明神社」

安倍晴明の産湯井のあと。現在は使用されていないが名水が沸いたという。葛の葉(晴明の母)はその名水を産湯に使ったのだろう
平安時代に活躍、天皇や藤原道長といった時の権力者から絶大な信頼を集めた天才陰陽師・安倍晴明。晴明を主人公にした小説や映画、漫画などが軒並み大ヒットして、京都にある晴明神社は日本全国各地から晴明ファンが殺到しているが、実は大阪にも晴明ゆかりの神社がある。

大阪市内唯一の路面電車・阪堺電車の東天下茶屋駅(大阪市阿倍野区)。このあたりはNHKドラマ「ふたりっ子」の舞台になるなど、ナニワの下町風情あふれる界隈。駅から徒歩約3分ほどにあるのが、その名もすばりの安倍晴明神社。外観はなんの変哲もない、まったく普通の神社。由緒は非常に古く、「安倍晴明宮御社伝書」によれば、安倍晴明が亡くなったことを惜しんだ上皇が、2年後の寛弘4年(1007年)に晴明の生誕地に建立したものだという。ここが生誕地ということは、つまり晴明は意外なことに「大阪人」なのだ。また地名の阿倍野区の阿倍は安倍氏が転じたもので、この界隈は古代から安倍の一族が住んでいた土地であったという。

境内にはよく当たると評判の占いコーナーも

境内を散策すると、江戸時代には名所として知られていたという「安倍晴明の産湯井」の跡や、晴明の父・安倍保名(あべのやすな)を祀った泰名稲荷神社、安倍晴明の母・葛の葉(白狐だったという伝承がある)が狐となって飛来する姿をイメージした像など、晴明に関するモニュメントが色々と置かれている。社務所の中では安倍晴明にちなんで「占いコーナー」があって、毎日、午後1時から5時まで1件2000円で様々な相談に乗ってくれる。これがまたよく当たると評判で、最近は若い女性の恋愛相談が多いという。

京都の晴明神社は有名だが、あちらは安倍晴明の屋敷跡で、大阪の安倍晴明神社は「ここで安倍晴明が誕生した」という、いわば聖地のようなもの。晴明ファンはぜひ一度は訪れてみて欲しい。

<関連情報>
大阪たこ焼きミュージアム完食ツアー!
JR新大阪駅で買いたい大阪みやげ!BEST5
伊丹空港で買いたい大阪みやげ!BEST5
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。