USJは「ハリウッド映画」の世界を体験するテーマパーク!

ヒッチコックの傑作サスペンス映画「めまい」に登場するエンパイアホテルです。どのシーンで出てきたかおわかりでしょうか?
TDRの3分の1の面積とはいえ、USJは十分すぎるほど巨大なテーマパーク。その全てのアトラクションを紹介するのは非常に困難です。

そこでUSJの魅力を一言で説明するならば、TDRがディズニーアニメの世界を体験できる遊園地であるように「USJはハリウッド映画の世界が体験できる遊園地」ということです。そういう意味ではUSJは大人向け、カップル向けで、とくにハリウッド映画ファンにはたまらない魅力が満載のテーマパークといえます。

せっかくですのでUSJの映画セットの中に潜んでみました。画面左は「路地裏で表通りの様子を伺うあやしい謎の男A」を演じるガイドです。
スパイダーマンやジョーズ、E・T、ターミネーター、バック・トゥ・ザ・フューチャーといった映画関連のアトラクションはもちろんなのですが、何気なくパーク内を歩いているだけでも、ヒッチコックの名作「めまい」のエンパイヤホテルや、映画「スティング」のパブといった映画セットがあって、映画通であればあるほど楽しめる仕様となっています。せっかく名作映画のロケセットがあるのですから、映画の登場人物になったつもりで記念写真なども撮影してみるというのも面白いですよ!

年々グレードアップするシーズン・イベントもお見逃しなく!

ホットドッグ売り場なのですが、ハロウィン期間だけはゾンビードッグになります。こういう遊び心は楽しいですねぇ。
ハリウッド映画をモチーフにしたアトラクションやセット以外に、さらにUSJの魅力として挙げておきたいのが季節のイベント。

カウントダウン(12/31~1/1)やアニバーサリー(USJのオープン日を記念するイベント。毎年3月開催)、ハロウィン(9~10月)、クリスマス(11~12月)と、それぞれのシーズンに合わせたショーが開催されるのですが、これが毎年毎年、趣向が変わってグレードアップしていくので本当に驚かされます。

カボチャのお化けがパレードして、観客にお菓子をばら撒いたりしてくれます。
とくにガイド自身、毎年楽しみにしているのがUSJのハロウィン・イベント。怖いような、可愛いようなキャラクターが満載で、面白おかしい動きは見ていて一向に飽きません。日本の町並みでカボチャのお化け(ジャック・ランタン)を見ても、なかなか雰囲気がマッチングしないのですが、USJのアメリカナイズな町並みの中では見事にマッチングします。USJがもっともUSJらしくなる時期として、オススメのシーズン・イベントです。

さてUSJの魅力と題して映画、イベントと2つキーワードを挙げさせて頂きました。最後は、いま話題の新感覚ジェットコースター、ハリウッド・ドリーム・ザ・ライドについてもご説明しましょう。次ページをどうぞ!