大阪庶民の暮らしを伝える昭和レトロな町「空堀」と
現代アートの不思議なコラボレーション

去年の「からほりまちアート」の様子です。昭和レトロの空堀の街が色鮮やかに現代アートの舞台へと変貌します。写真提供:からほりまちアート実行委員会/撮影:須山直哉氏
大阪・空堀(からほり)地区というのをご存知でしょうか? 北は大阪城から南は四天王寺まで続く、大阪の中心軸ともいうべき上町台地。空堀地区はその上町台地の中にありながら、しかし運良く戦災を免れて、戦前・戦後から連綿と続く大阪庶民の暮らしを見事に維持、継承している・・・という貴重な歴史文化を有する町です。入り組んで、まるで迷路のようになった路地。道々に見受けられる道祖神の祠や鳥居。石畳に起伏の激しい階段。瓦屋根に漆喰や木材で立てられた長屋・・・懐かしくも昭和レトロの景観が、どこか郷愁を誘って、独特の温かみのある居住空間を作り上げています。

同じく去年の「からほりまちアート」の開催風景より。ファッションショーでの町歩きやお寺の境内でのアート展示、神社内でのパフォーマーなどなど各種イベントが目白押しです。写真提供:からほりまちアート実行委員会/撮影:須山直哉氏
この空堀地区を舞台にして開催される、年に1度のビッグ・プロジェクトが「からほりまちアート」(2007年10月27日~28日開催)です。2001年から開催されているイベントで、空堀という町全体をモチーフにして公募アーティストが作品を展示、また縁日やアートフリマなどを催して、空堀の風情ある昭和レトロの町並みとアートとの融合を楽しもう・・・というものです。遊び心が満載で、ご家族揃って「芸術の秋」を楽しむにはピッタリのイベントといえるでしょう。今回はガイドが実際に空堀地区を散策してきましたので、その現地レポートと絡めながらイベントについてご紹介していきます。それではさっそく次ページをどうぞ。

1p 「空堀地区」「からほりまちアート」について
2p 「からほり御屋敷再生複合ショップ 練-len-」(イベント総合案内所)
3p 「複合文化施設 萌-ho-」「長屋再生複合ショップ 惣-so-」