夫が妻にして欲しいこと~「タッチ&グリップ」で、スキンシップを徹底させる

夫達は仕事や接待で疲れ切っています。少しでも休みたいのに、妻から「ねえ、あなた……」と誘われても困ります。「明日朝はやいから、またな」と言う言葉を世の妻達はどれだけたくさん聞いたことでしょう。
070809
「男性の立場で語るアダム氏」


そこでアダム氏は、妻達に、みずから夫にサービスをしてさしあげなさいとアドバイスをくれました。
「あなたは寝ていていいからね」と言って、マッサージをしてあげたり、性感帯にタッチをしてあげたり。一方的にキスをしてあげたり。「けなげな妻」を演出してくださいと。男性は、そのけなげさにグッとくるそうです。

ただし、サービスの最中に夫がその気になっても、ほいほい応じず、じらしてゆく作戦は忘れてはいけません。また、夫に「今、攻めて」というシグナルを送ることも必要です。言葉と動作を駆使して、「私はこうして欲しい」と伝えます。ストレートに言わずに、目線や指の動きも駆使して、演出します。ベッドでのかけひきこそ、マンネリ脱出の一歩です。

070809
実践イラスト版 スローセックス 完全マニュアル
アダム氏から、的確なアドバイスがありました。夫がテレビを見ていても、新聞を読んでいても、まず妻から「タッチ&グリップ」を仕掛けましょう。慣れないうちは、腕や背中や腰にそっと触れるだけでもよいです。スキンシップをエスカレートさせていけばいいのです。夫婦の時間は永遠です。

時間をかけて、お互いに触れあえる関係になりましょう。いつの日か、抵抗なく夫のペニスをタッチ&グリップできる日が来ます。そうしているうちに夫もまた、妻に触れることが多くなってきます。そんなご夫婦は、永遠に愛のあるセックスができることでしょう。


「実践イラスト版 スローセックス 完全マニュアル」では図解でやさしく説明しています。なるほど、アダム氏のアドバイスには説得力がありますね。若者にはできない大人の駆け引きをじっくり研究しましょう。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。