「妻の性欲>夫の性欲」「妻の性欲<夫の性欲」これをイコールに近づける努力こそ重要

愛してるよ

愛してるよ

セックスの不一致の問題は複雑で、「夫が抱いてくれない」vs「妻が抱かせてくれない」の二タイプに分かれています。これは性欲が一致しないパートナーを選んでしまった『性欲曲線の悲劇』と私は名付けています。恋人同士の頃は、男性は若くてエネルギッシュ。デートのたびにワイルドさを見せます。(最近は20代男性も性欲がないタイプが増加中と言いますが)。

結婚して子どもができると、一気に男性は「妻は家族」と見始める傾向にあります。対して妻は、子育てが一段落した頃から「女性としてもっと輝きたい」「このままおばあちゃんになるのはいや」と思う傾向があります。体力的にも、女性の方がタフです。男性は仕事・接待・付き合い・長時間通勤などによる疲労をため込みながら生きています。女性は自分の時間を上手に管理して体力を蓄えます。

逆に女性側が「したくない」という場合、これも様々な原因をかかえています。パートナーのセックスに不満、女性性機能障害による生殖器の不具合、それ以前に夫を愛せないという心理的な問題etc。セックスだけでなく、普段の夫婦間コミュニケーションがいかに円滑かが勝負となってきます。
A子さんの事例は、日常のふたりのあり方を変えてゆかないと平行線のままです。今手を打たないと、A子さんの気持ちがますます疲弊してゆき、結婚生活に暗雲がたちこめる事例だと考えられます。


「妻の性欲>夫の性欲」「妻の性欲<夫の性欲」この差が大きいほど、どちらかが不満を持ち始めます。おそらく、今回の調査で、セックス回数上位にランキングしている国の夫婦達は、「妻の性欲=夫の性欲」に歩み寄るライフスタイルをおくっているのではと思います。そして、結婚前に充分、相手のセックスに対する意識を話し合っているとも思われます。セックスの回数ばかりに目を向けてはいけません。

「セックスを大切だと思っている国」でも日本は最下位です。仕事で疲れているから回数はしょうがないとしても、せめて気持ちだけは「セックスは大切だ!」と思っていて欲しいという私の夢がしぼみました。

セックスは身体だけでなく、心でするもの。パートナーを愛すと同時に尊重するもの。自分ばかり満足するのでなく、お互いに満足して愛を深めるもの。抽象的な表現ですが、日頃のふたりのコミュニケーションをレベルアップする努力をすれば、自然にセックスも満足できるものになってくるというのが私の見解です。
妻(女性)は、なぜ夫(男性)に抱かれなくなったか、なぜ抱かれても満足しないのか、おのれを顧みること。
夫(男性)は、なぜ妻(女性)がセックスを拒むのか、あるいは、なぜ妻を抱きたくなくなったか根本を考えてみることが必要です。セックスに対する意識・自分の身体・性欲・性感、これらは自分が変われば、相手も変わると信じて、セックスライフをあきらめないでください。


・セクシャル ウェルビーイングとは? セクシャル ウェルビーイングとは、身体的、情緒的、社会環境的な要因のバランスを保っていることです。パートナーと満たされた関係を育むことは、安心感と幸福感につながります。セクシャル ウェルビーイングは、心身ともに健康に、しあわせに生きるための、重要な一面なのです。

・デュレックス (Durex) について デュレックスは世界140カ国以上で販売されているコンドームブランドで、世界のコンドーム市場の29%を占めるリーディングブランドです。国別でも主要40カ国でシェアNo.1を誇っています。世界41の国と地域で31万人以上(2005年実績)の性に関する意識・実態調査「グローバル・セックス・サーベイ」を毎年実施しています。

コンドームの品質向上の面においても、国際標準化機構のコンドーム規格(ISO4074:2002)認証の取得、また、HIV/性感染症の予防や、正しい性知識の普及に向けた世界保健機関(WHO)への協力など、コンドームに関連した広い分野で貢献しています。

[関連サイト]
デュレックス (Durex)

[関連記事]
上質な女になる!彩肌・彩ボディをめざす
80代になっても現役、フランス熟年夫婦“性”の真実
やめる?やめない?熟年夫婦夜の生活の選択肢
産後セックスレスの原因は、女性のNO!
 


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。