日本人のセックス満足度は?

お互いを尊重しながら身体も心も愛することが大切

お互いを尊重しながら身体も心も愛することが大切

●「セックスを大切だと思っている国」は
3位 メキシコ 74%
2位 ブラジル・ポーランド 79%
1位 ギリシャ    80%


日本は、39%でこれもまた世界最低。

●「セックスの満足度」は
3位インド 61%
2位メキシコ 63%
1位ナイジェリア 67%


日本は、15%で最低です。

1年に48回というと、週1回以下という割合です。まさに「休日しかしません!」という日本人。

しかし、私は現実は我が国のセックスの回数は二極化していると予測しています。2007年の厚生労働省の調査発表では1カ月間にセックスをしなかった夫婦は35%、三組に一組という割合をはじき出しています。夫婦仲相談所に寄せられる意見を読んでみましても、セックスをしない夫婦はとことんしていないし、している夫婦は週数回はするという現象です。

また、「セックスライフに満足している」と答えた人はたった15%でこれもまた世界最低の比率です。回数が少ないから満足もしないのか、その逆なのか、セックスネガティブ化のスパイラル。底辺をさまよう日本人です。

私が夫婦仲相談所でよく扱うオーガズム問題となると、世界の人の48%が普通にオーガズムに達しているのに対し、日本では27%という少なさです。世界規模で、女性と比べて2倍の男性(64%)が普通にオーガズムに達し、65歳以上の人が最も頂点に至っています。せっかくのセックスでオーガズム達成率も低いという我が国の現状です。

そして、私たち女性にとってセックスの重要な要素「相手の尊重」はどうでしょう?

世界規模でセックスに満足している10人のうち8人以上が「セックス中にパートナーに尊重されている」と思っています。日本では尊重されているように感じるのは19%です。この問題を、私も研究していますが、日本では、「相手の気持ちを考えて、愛でつつみこみながらセックスしましょう」と、家庭でも学校でも教えていないので、若者達は雑誌やビデオで自習しています。そして友達同士の口コミを信じます。「ピストンは強くはげしいほど相手は気持ちいい」「女性もコンドームつけない方が気持ちいい」「女性がイヤというのは、感じてるの裏返し」「女性は顔射を喜ぶ」etc。

セックスに限らず、パートナーの尊重、コミュニケーションの重要性を社会全体で導いていかねばと思っています。

セックスの満足度を高めるにはどうしたらよいか?という設問に5人中2人近く(38%)がもっと多くの時間をパートナーと一緒に過ごしたいと思い、36%がもっと愛とロマンスを求め、32%がより良いコミュニケーションと親密さが満足度レベルを引き上げると信じています。セックスは身体だけでなく、心でもするものというとらえ方です。

また、満足度を高めるために、日本人が一番苦手なこと二点がピックアップされました。

ストレスや疲労感を減らすこと(28%)と、もっと多くの楽しみを加えること(36%)です。私たちを取り巻く社会、奥ゆかしい恥ずかしがり屋の国民性が、この二点をじゃましている気がします。仕事をたくさんしなくては経済的にきつくなる、昇進しない、取り残される。ラテン系のノリで、自分を解放して夢の世界にトリップするようなセックスは風俗でしか楽しめない。はがゆい結果です。

 

日本のセックスレス妻達は、性にオープンになりたいのか

遊び心を忘れずに、楽しいセックスをしましょう。

遊び心を忘れずに、楽しいセックスをしましょう。

日本性科学会ではセックスレスを次のように定義しています。

「特殊な事情が認められないにもかかわらず、カップルの合意した性交あるいはセクシャルコンタクトが1ヶ月以上なく、その後も長期にわたることが予想される場合」
この「長期にわたることが予想される」という文章は、セックスレス大国日本に、警鐘を鳴らしています。

一月間セクシャルコンタクトがないと、夫婦とはいえ、なんとなく照れくさくなってアクションを起こしづらくなります。つまり、ひと月あいだがあいてしまい、セックスレス街道まっしぐらという夫婦が増えつつあるのです。

夫婦仲相談所にも、「このまま放置しておくと、このご夫婦はセックスレスになってしまう」と思われる相談内容が多数寄せられています。たとえば、ギリギリ「一月に一回」セックスがある妻のA子さんから、次のような相談が来ました。

■A子さん(24歳)の事例
結婚してもうすぐ1年になる24歳の主婦です。
夫は29歳で、自営業なのでいつも一緒に生活しています。

夫と知り合って3年くらい経ちます。
付き合った当時はデートのときによくセックスしていたのですが、徐々に回数が減り、最近は月に1度くらいになりました。

夫婦生活は人によって色々ということは充分にわかっているつもりですが、私には不満で仕方ありません。セックスにかける時間も以前よりかなり短くなっているように感じます。

主人と話し合おうとしても、「そんなことばかり言って気持ちが悪いんだよ」とか、「お前の頭の中はセックスのことでいっぱいなのか?」など言われたりします。

夫は、セックスをしなくたって他の部分で分かり合えれば別に良いと思うそうです。

私はセックスがすべてではないけど、とても大切なことだと思っています。主人にセックスしてもらうと、なんだか女として必要とされているんだと思って嬉しくなります。でも、主人にはこの気持ちが通じないようです。

もし、主人以外のセックスフレンドができたらこの悩みは解消されるのでしょうか??
でもそれはやはりいけないことだと思うし、主人の事は愛しています。

セックスに対してオープンで積極的な夫婦が羨ましいです。
どうしたら良いでしょうか?
最近イライラしてけんかも増えてきました。

20代新婚さんなのに「一月一回の」ギリギリのセックスレス状態です。話し合いすら拒むパートナー、セックスに重きをおかないパートナーとすれちがう妻の切ない気持ち。恥ずかしくて言い出せない要求。セックスレス夫婦とはまさに、こういう状況が長く続くことで生まれるのです。