世の中にいろいろある病の中でも最もフクザツなのが「恋の病」。原因も症状も千差万別。予防のワクチンもなければ特効薬もないという“難病”ですが、うまく利用すればなんと、アンチエイジングに効果があるのです。年齢不詳のいいオンナを目指して、いい恋しませんか?

86歳になった時、飛び跳ねるツヤツヤ熟女で いられるか

いつまでたっても老けない「年齢不詳の女性」という方がいらっしゃいます。代表的なところでは黒木瞳さん(46歳)、樋口可南子さん(48歳)、桃井かおりさん(54歳)など。
1204
「目標は黒木瞳と森光子。年齢不詳のいい女を目指しましょう。」

もちろん、皆さん若い頃からおきれいでしたが、40代後半になっても、まったく肌も体形も衰えが見えず、ますます美しくなっているのがすばらしいです。なかでも黒木瞳さんの場合、産能大学の調査による「理想の上司」や、共立総合研究所の調査による「主婦の手本とする有名人・芸能人」アンケートでも見事1位。特に後者の調査では2位の三浦りさ子さん(8.8%)を大きく引き離し、ダントツの27.7%を獲得。年齢相応のしっとりとした仕草のなかに、チラリと見せる少女のような愛らしさ。清楚でありながら、ふとした時に匂い立つセクシーオーラなどが主婦の憧れなのでしょう。

また、年齢不詳の代表格と言えば、忘れてはいけないのが森光子さん(前述の「主婦の手本とする有名人・芸能人」調査でも堂々の6位にランクイン)。
御年なんと86歳!シワシワ、よぼよぼどころか、あの肌、あの身のこなし、あのかわいらしさ!主婦の皆様の現在の目標が黒木瞳さんだとしたら、40年後の目標は間違いなく森光子さんでしょう。その美と若さを保つために、朝晩75回ずつのスクワットを毎日欠かさず行っていることは有名で、やはり美しさの影には努力アリと実感。その美への取り組み姿勢は全ての女性のお手本です。

では、森さんはスクワットだけであの若さキープしているのでしょうか?いえ、彼女の美と若さを支える秘密は別のところにもあると、拝察しております。
そう!それが「恋の病」。

「恋の病」が妻を美しくする

「恋する女はキレイさ」と昔の唄にもありますが、恋は女性を美しくします。好きな人ができると、自然とおしゃれに気を遣うようになったり、立ち居振る舞いを美しくしようと心がけたり、前向きに目標を持ってイキイキと生活するようになるものです。
そこから見た目感がアップし、「きれいになったね」と言われるようになるわけですが、もっと科学的な理由もあります。それがいわゆる「恋愛ホルモン」。

人間が誰かにときめいてドキドキしている時には、「PEA(フェニール・エチル・アミン)」というホルモンが脳内に分泌されていると言われています。PEAには集中力や快感を増幅させる作用があり、恋するときに出ることが「恋愛ホルモン」と呼ばれるゆえんです。その他にも恋愛状態にある女性の脳内には、女性ホルモンの一種で肌を美しくする効果がある「エストロゲン」や、「快楽ホルモン」と呼ばれ、快感を誘い意欲を発揮させる「ドーパミン」などが分泌されており、これらホルモンの微妙なバランスが、人を内面からも美しくするのです。

女性誌によくある「セックスできれいになる」特集に一理あるのは、ときめきのあるセックスによって上記のようなホルモンが分泌され、肌のキメを整える効果があるから。また、PEAには食欲を抑える働きもあるので、ときめきのあるセックスを続けていれば「セックスで痩せる」ということもありえるわけです。

次ページでは恋愛ホルモンの呼び寄せ方を考えます