夫婦の基盤はどこにある?

私は「夫婦仲相談所」を運営しています。
本当は「夫婦仲と性の相談所」なのですが、「性」という語句で驚かれる方がいらっしゃるので、両方の呼び名を使い分けています。

なぜそんな相談所を開設したのか?

はい、元々私はママさんサークルの会長さんでした。
子育てをしながらも、エネルギー溢れるママ達を集めてイベントを企画したり、子育て本を作ったりで、多数の主婦の方々の様子が手に取るようにわかる位置にいたわけです。
そして、主婦の皆さんが、「何が好き」「何が楽しい」「何が不満」「何が悲しい」・・こんなことを知らず知らず分析できるようになりました。
主婦の皆さんが抱えるお悩み・不満は人それぞれなのですが、よおく考えると「家庭が居心地いいかどうか」は大事な要素でした。

「夫婦」の基盤は家庭にあります。
「夫婦」の基盤は家庭にあります

いくら駅から近くて、ドラマに出てくるような素敵なおうちに住んでいても、夫婦仲がしっくりいってなければ、居心地いい家庭とは言えません。
夫婦仲がよくなければ、子どもにもお姑さんにも、ブスっとした態度で接してしまうかもしれません。
そして益々、家庭はドンヨリ雲がかかったように暗くなってしまいます。
夫婦円満になって、家庭がサンルームのようなあたたかな居場所になるために、私は考えました。

「家庭の基盤は夫婦なら、夫婦仲が悪くなると家庭は暗くなります」では「どうしたら夫婦仲はもっと円満になるんでしょう?」

夫婦仲と寝室事情の関係性

主婦友達の皆さんと、一緒にお茶を飲んだり、井戸端会議を続けたりしているうちに、だんだんと「夫婦仲の不満要因」が浮かび上がってきました。

寝室事情です。

恥ずかしがり屋のお友達同士ではなかなか話せませんが、多数の皆さんが、「これでいいの?でもよそ様と比較するのもおかしいし」と不安に思っていると察しました。
そこで、『ニッポンの夫婦生活大調査』と題して、主婦達の性白書を作りたいと思い立ったわけです。
この本をきかっけに、夫婦の会話が増えて、寝室事情がよくなるきっかけになればいいなという気持ちでした。
仕事柄、アンケート企画はお手の物でしたので、すぐに性生活に関する設問を作り、インターネットで答えてもらう方法と、紙に記入してもらう方法と2タイプで公開しました。
フリーコメントの欄も多かったので、回答者を集めるのは難しいかと思いましたが、あれよあれよと1000人を超え、最終的には1609人の回答が揃いました。
分析を開始して驚くことばかり。
「へーー!今時の奥さまの寝室事情はこうだったんだ」とエキサイトしながら分析し、レポートを書き進めることができました。
対面インタビューも50人、すべて自分で実際にお会いして聞き出しました。よくぞここまでお話ししてくれましたというくらい、皆さん、赤裸々に語っていただきました。

今回は、寝室事情の中でも、一番社会的に認知されている「セックスレス」について見解を述べたいと思います。