症例3 タスクバーが自動的に隠れてしまう


タスクバーは自動的に隠すことができます。しかし完全に消えているわけでなく、実はほんの少しだけ見えています。

タスクバーの消えた画面
タスクバーはわずかに見えている


表示させるには、マウスカーソルをわずかに見えている部分に当てます。

タスクバー表示画面
マウスカーソルを当てるとこのように表示される


この設定を元に戻して常に表示させるには、タスクバーを右クリックして、「プロパティ」を選び、「タスクバー」タブから「タスクバーを自動的に隠す」のチェックを外します。逆にタスクバーを隠すようにするには、このチェックをつけてください。

タスクバープロパティ画面
チェックをはずして自動的に隠れないようにする


症例4 タスクバーがウィンドウで見えない


タスクバーがウィンドウの後ろに隠れてしまうことがあります。

ウィンドウがタスクバーの上に来る
このようにウィンドウがタスクバーの上にかかっている


常にウィンドウの前に表示させるには、タスクバーを右クリックして「プロパティ」を選び、「タスクバー」タブから「タスクバーをほかのウィンドウを手前に表示する」のチェックをつけてください。
逆にウィンドウをタスクバーの前に表示させるにはチェックを外します。

タスクバープロパティ画面
「タスクバーをほかのウィンドウを手前に表示する」のチェックで変更する


 次のページで、ウィンドウのボタン表示について説明します