第二列車:熱海 9:45 → 10:07 小田原820M・2階建グリーン車・サロE230-1074

熱海駅
早くも二番目のグリーン車に乗り込む
発車直前に、声の大きな男性5人のグループが乗り込んできた。こういうグループと乗り合わせると、騒々しくてゆったりグリーン車どころではなくなることがあるのでちょっと眉をひそめたが、彼らはなぜか5人バラバラに座り、ほとんど会話をかわすこともなく、それぞれに新聞を読んだり音楽を聴いたりしている。

熱海からは、絶対に進行方向右側の座席に座るべきである。ここから小田原の手前までは、相模灘が見渡せるビューポイントがいくつもあるのだ。これを見逃すわけにはいかない。

相模灘
晴れていれば伊豆大島まで見えることも
オレンジ色の実を付けたみかんの木が散見される湯河原付近から、トンネルを抜けると海、そしてまたトンネルという繰り返しがしばらく続く。残念ながら曇っているのでそれほどでもないが、晴れていれば遠く伊豆大島まで見通せるはずである。

並行する真鶴道路の料金所は今日もひどく渋滞している。鉄道はいいぞ、と叫びたくなる瞬間である。早川の漁港とかまぼこの看板が見えてくると、もう小田原だ。

小田原駅で再び小休止

小田原駅
小田原提灯に迎えられ再び小休止
さて、次の列車までは40分ほどの待ち時間がある。小田原は駅弁の種類も多いので、この時間を利用してゆっくり品定めしようという算段なのだ。

駅弁の売店は、エスカレーターを上がり、巨大な小田原提灯が下がる改札付近にある。さすがに目移りするが、まだ食べたことがなかった「デラックスこゆるぎ弁当」(870円)にした。

デラックスではない「こゆるぎ弁当」というのもあるので、売店のおばさんに、デラックスとは何がデラックスなのかと尋ねると、要は量が多いということのようだった。

弁当を買ってもまだ20分以上あるので、ホームの端まで行って小田原城の天守閣を見上げていると、後ろの小田急電鉄のホームから、急行新宿行という放送が聞こえてくる。

考えてみれば、湘南新宿ラインも新宿を通る。JRだと新宿まで約70分で1,450円、小田急の急行だと約100分で850円。時間を取るか運賃を取るか、どちらを選ぶのか小田原の人たちに聞いてみたいものである。


次のグリーン車へ乗り継ぐにはこちら>>