ムーンライトながら変更ポイント2指定席区間

ムーンライトながら車内
混雑期には指定席がとりにくい
■下り(東京発)
現行では「東京→小田原=全車指定席」、「小田原→名古屋=一部指定席」、「名古屋→大垣=全車自由席」という三段階になっています。

これが今回の改正で大きく変わり、「東京→豊橋=全車指定席」、「豊橋→大垣=全車自由席」となります。

これまでは、万一指定券が取れなくても、小田原駅まで先行すれば小田原から自由席になる号車に乗車することが可能でした。しかし繁忙期には小田原駅からの自由席車両が大混雑するという弊害もあり、これを軽減するための方策でもあるようです。通路で寝込むような乗客がいなくなり車内環境がよくなる反面、指定券が取れないと乗車はできないということになります。

■上り(大垣発)
現行は「大垣→熱海=全車指定席」、「熱海→東京=全車自由席」ですが、改正後は全区間「大垣→東京=全車指定席」になります。

ムーンライトながら指定の区間


ムーンライトながら変更ポイント3停車駅

下り(東京発)では平塚・国府津駅が、上り(大垣発)では富士・川崎・新橋駅がそれぞれ通過となりますので注意が必要です。それ以外の停車駅は従来通りです。

「青春18きっぷ」で乗車するには

大垣駅
青春18きっぷでの移動では核となる列車
このような日付をまたがる列車で「青春18きっぷ」を翌日から使用開始する場合、乗車駅から「0時を超えて最初に停車する駅」までの乗車券が別途必要となります([基本ルール4]参照)。

「ムーンライトながら」でこれに該当する駅は現在のところ横浜駅ですが、改正後は小田原駅になります。このため、東京駅から旅行開始したとすると東京~小田原間の運賃1,450円が必要です。



[関連ガイド記事]

青春18きっぷで乗る!夜行快速ムーンライト

「青春18きっぷ」超基本ルール10
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。