メール
迷惑メール。ストレス溜まりますよね。。
パソコンや携帯電話のアドレスに、アダルトサイトや出会い系サイトなどの宣伝のメールが大量に送られた経験を持っている方も少なくないと思います。

このように大量のメールが送られてくると、大事なメールがこれらの迷惑メールに埋もれてしまったりするので、困りものですよね。

そこで、今回は迷惑メールへの対処法について押さえてみましょう。

迷惑メールを規制する法律がある!

一方的に送りつけられてくる商業広告メールは、受け取った人にとっては迷惑なことが多いです。

このような迷惑メールの増加が社会問題となったことから、2002年に、迷惑メールを規制する法律として、いわゆる迷惑メール規制法が制定されたのです。

この迷惑メール規制法による規制の内容としては、
  • メールの表題部の最前部に「未承諾広告※」と表示する義務
  • メール本文の冒頭に送信者の氏名、名称を表示する義務
  • 送信者の住所、電話番号を表示する義務
  • メールの受信を希望しない場合の拒絶の意思表示の通知先メールアドレスを表示する義務
  • 受領拒絶の通知を受け取った相手への再送信の禁止
などです。

業者がこれらの規定に違反すると、改善を命じられる行政処分が科され、さらに違反すると、刑事罰の制裁があります。

迷惑メールへの対策は?

迷惑メール規制法の制定によって、商業広告メールには、メールの件名に必ず「未承諾広告※」と表示されることになります。

このように、件名で迷惑メールかどうかを判断できるので、メール本文を読まずにすぐに削除することが可能になります。

また、これらの迷惑メールだけ別のフォルダに振り分けられるように設定しておけば、しばらく貯めておいた後で、一気に削除することもできます。

さらに、インターネット接続のプロバイダー各社では、これらの迷惑メールを
プロバイダーのメールサーバー内で選別して利用者に配信されないようにするサービスを無料で提供しています。ですから、これらのサービスを利用するのも良いでしょう。