学生はもちろん、英語の学習から専門用語を使いこなすワーキングウーマンにとって、辞書は必須のアイテム。その中でも手軽に引けて、調べることができる電子辞書の人気はますます高まっています。今回はデザインが美しく、常に持ち歩きたくなるシャープの「PW-AT770」をご紹介します。
シャープ SHARP PW-AT770
デザインがカッコイイ、シャープの電子辞書「PW-AT770」。今回取り上げた黒の他、シルバーとレッドがあります。 オープン価格

丁寧な美しさが光るデザイン

このPW-AT770は電子辞書とは思えないおしゃれな外観で、特に今回選んだ黒は、表面は磨き上げられた黒曜石のよう。蝶番(ちょうつがい)の部分には模様が入って、ちょっとしたアクセントになっています。
シャープ SHARP PW-AT770
蝶番(ちょうつがい)の部分の模様はちょっとしたアクセントになっています。

手に持ったとき「ちょっと大きいかな」と思ったのですが、その大きさは使いやすさを重視した結果です。まずはそのディスプレイ。画面が小さいと表示される情報量が少なく、もどかしい思いをする事がありますが、PW-AT770は5.5型の大きめ画面ですので、さっと情報が読めて効率的です。

さらにディスプレイはモノクロながら、単語によってはイラストが表示され、さらに理解を深めることができそうです。
シャープ SHARP PW-AT770
情報をすばやく読める大きな画面。イラストもきれいに表示されます。

キーが大きいのも使いやすさをアップさせています。爪が少しでも長くなってしまうと、小さなキーは押しにくくなってしまうのですが、PW-AT770のキーは大きく、とても押しやすくなっています。キーが苦手という人には付属のタッチペンで手書きパッドから入力することもできます。
シャープ SHARP PW-AT770
大きくて押しやすいキー、タッチパッドは手書き文字が入力でき、読み方がわからない漢字も書いて調べることができます。

ディスプレイと、手書きパッドにはバックライトがつき、暗いところでも使えます。少し暗めの場所での講習会などでも使えそうですね。

さらにPW-AT770は音にもこだわっているのが特徴。次のページでは、便利な音機能をご紹介します。