春の食卓イメージ
幸せを招く黄色で春のテーブルコーディネート

テーブルウエア協力:
東急百貨店渋谷本店、リチャードジノリジャパン、ラッキーウッド、ブルーミング中西


ビタミンカラーの黄色い花で食卓を飾る

黄色はヨーロッパの春のイメージカラーです。黄色いラッパ水仙やチューリップの花が咲き始めると、長くきびしい冬がやっと終わり、待ち望んだ春がヨーロッパにやってきます。黄色は春の祝祭イースター(復活祭)のテーマカラーです。街のウィンドウディスプレイには、イースターエッグとともに、黄色があふれます。中国の風水でも「黄色」は幸運の色とされています。また、最近では、黄色やオレンジ色はビタミンカラーと呼ばれ、健康や元気をイメージする色で、食欲増進の働きもあると言われます。今回は、生命力にあふれるラッキーカラーの黄色を使った、春のテーブルコーディネートをご紹介します。

コーディネートは春の軽やかさを出すためにテーブルクロスに白を使い、全体のカラーを白、黄、緑の3色で統一します。洋のもてなしのテーブルは、左右対称が基本です。

リチャードジノリの食器「ミュージオナルチーゾ」を使ったテーブルセッティング *画面をクリックすると拡大画面が見られます。
■ミュージオ ナルチーゾ
今回使用した食器にはミュージオ(美術館)とナルチーゾ(ナルシス)というの名前がつけられています。
「ミュージオ」のシェイプの原型は1750年代に制作されました。渦巻きのレリーフとレース文様が印象的です。イタリアで250年にわたり大切に守られ継承されてきた形です。
ナルチーゾ(ナルシス)は花嫁のブーケをイメージしてデザインされており、春の花、水仙とチューリップが描かれています。

クリーム色、黄色、薄いオレンジ色のビタミンカラーのチューリップのブーケを飾ります*画面をクリックすると拡大画面が見られます。
■ガラス製のコンポートのセンターピース ガラス製のコンポート大・中・小を三段に重ねてセンターピースとして使い、花と果物を飾ります。透明なガラスを使うことで、花や果物が宙に浮いているように、空間的、立体的に見せることができ、インパクトのあるコーディネートとなっています。ヨーロッパでは、花は美を、果物は芳醇な豊かさを象徴しており、食器や工芸品、絵画のモチーフによく登場します。
サイドテーブルのセッティング*画面をクリックすると拡大画面が見られます。
■サイドテーブル サイドテーブルには、ワインクーラーを置いたりしますが、今回は、会場が広いため、高さのある磁器の花瓶にアイビーと水仙、レンギョウを生け、ワイングラスを置き、立体感を演出します。
壁面も飾りましょう。*画面をクリックすると拡大画面が見られます。
■壁面もコーディネート テーブルコーディネートに合わせて壁面も飾ってみましょう。今回は、ガイドの長谷川貴子がテーブルに合わせたイメージで描いた、2枚のオリジナルの水彩画を飾ります。絵画の他にも、写真やタペストリー、工芸品、書などで壁面をいろいろ飾ってみると、コーディネートがいっそう引き立ちます。
次ページでは、使用食器など「コーディネートレシピ」を紹介します。