MPEGオプティマイザ

1つのプロジェクトを編集しているとき、さまざまなファイル形式の動画データが混在する場合があります。たとえば、MPEG-2とMPEG-1、あるいは同じMPEG-2でもフレームサイズやデータレートが異なるといった場合です。

こうした、ファイル形式が異なる動画データをエンコードして1つのファイルとして出力する際に、最も画質劣化の少ないエンコード設定を選び、それに揃えてエンコードできます。

また、そのときに選択したエンコード方法に応じて、レンダリング時に再エンコードが必要な部分とそうでない部分を確認できます。これによって、視覚的に作業効率が確認できるようになりました。

画面をクリック
▲エンコード方法を選択できる。
そのほか、再エンコードされる部分とそうでない部分を視覚的に確認できる。

スマートパッケージ

現在編集中のプロジェクトを、別のパソコンでも編集したいとき、映像データをはじめ、音楽やイメージデータなどプロジェクトで利用している全てのデータをきちんと移動させるのは、なかなか大変な作業です。

また、Windows XPからWindows VistaのようにOSをアップグレードしたり、あるいはリカバリによる再インストールなどを行ったときも、プロジェクト環境を再構築するのはなかなか大変な作業です。

このようなときに「スマートパッケージ」を利用すると、プロジェクトで利用している映像や音楽、イメージデータをはじめ、プロジェクトファイルなどすべての素材を1つのパッケージにまとめてくれます。

このパッケージを他のパソコンで利用すれば、簡単に編集作業を継続できます。また、パッケージをDVDなどに保存しておけば、プロジェクトのパックアップとしても活用できます。目立たない機能ですが、意外と効果のある新機能ですね。

▲スマートパッケージを作成するためのダイアログボックス。

その他の新機能 >>