下町の水を作る金町浄水場

水
金町浄水場
水道水の安全度を確かめるために浄水場の見学に行ってきました。

今回訪ねたのは、東京都葛飾区にある「金町浄水場」
金町浄水場といえば、一昔前には「まずい水」を作る浄水場の代名詞のようなところでした。東京の水がまずいと言われた主な犯人は金町浄水場だったと言えるほど、高度成長期の47年頃には、水がまずい、かび臭いといった苦情が多く寄せられたといいます。

その当時は浄水の技術が未熟だったことももちろんありますが、下水の処理が不十分だったことで、河川に藍藻類が繁殖して原水をひどく汚染し、浄水も悪くなるという悪循環が起きていました。特に金町浄水場は最も河口に位置するため、原水の汚れは相当なものだったといいます。
 
水
東京都の浄水「東京水」
そんな悪名高かった浄水場が今ではすっかり生まれかわり、「東京水」というブランドで水を出すほどに美味しく安全な水が作られるようになっているのです。

東京の水を作っている浄水場は11箇所あり、そのうち朝霞に次いで2番目に多い水量を作るのが金町浄水場です。浄水量は1日に25mプールにして約3,000杯分。主に東京23区内の下町の水をまかなっています。

東京の水の多くは、利根川水系のものと多摩川水系のものになりますが、金町浄水場は江戸川から水を取水している利根川水系になります。原水を比較すると、多摩川水系よりも利根川水系の方が水質が良くないので、より美味しい安全な水を作るために高度浄水施設が導入されています。

 

浄水場のしくみ

水
沈でん池で濁りを沈殿させる
取水塔から水を取り込み、沈砂池と呼ばれる池の中で土や砂を沈殿させます。この上澄み部分からさらに濁りを取り除くため、凝固剤を注入します。ここで使われる凝固剤はポリ塩化アルミニウム(PAC)というものですが、身近なものでいうとミョウバンに近い物質。もちろん人体に安全なものですが、この工程で注入されても小さな濁り物質と結びついて大きな塊になり、高速凝集沈でん池にて全て取り除かれるので水自体に溶けだしているというものではありません。


 
水
オゾンを散気し臭いや汚染物質を分解
こうして濁りを沈殿させた後、上澄み部分を高度浄水処理していきます。高度浄水施設では、オゾン接触による水の臭いの原因物質やトリハロメタンの元となる物質を酸化分解。
 
水
生物活性炭の吸着作用で汚染物質を除去
次に生物活性炭吸着池で活性炭層に通して汚濁物質を分解除去します。


 
水
第3期の高度処理施設を建設中
この高度浄水施設は、東京都市同局で初めて平成4年に金町浄水場で導入されたもので、約65%が高度処理、通常処理が35%の割合で処理されています。金町浄水場では現在第3期の高度浄水施設の工事がおこなわれており、2年後には100%の水が高度処理となる予定です。


前篇にもあったように、水道水は国が厳しい安全基準を設けていますが、東京の浄水施設では国の基準のさらに上を行く安全基準を設けているのです。ここまで水道水は進化しているのです。
 

浄水を試飲

水
できたての水を試飲
見学会では実際に金町浄水場で作られた、できたての水を試飲させてもらいました。この水は普通に水道水として流れていく水と同じものですから、前篇にもあった通り、塩素が添加されています。言ってみれば水道管を通って各家庭に行く水より、塩素濃度が濃いものであると言えるでしょう。ですが、いざ飲んでみると…。

どう味わっても「塩素」と思える味や臭いは感じません。それもそのはず、高度浄水施設で浄水をしているため多量の塩素は必要なく、法で定められている必要最低限量しか添加されていないのです。この水を飲んで、本当に「水道水はまずい」とか「塩素臭い」と思う人ははたしているでしょうか。
 

水道水を飲んで味を確かめてみてください

今回はあえて、東京の水はまずいと思われている元凶であろう下町の金町浄水場の様子を紹介しましたが、これだけ浄水技術が発達していることに正直驚きました。

土地が違えば浄水場も違い、浄水の方式も異なってくると思います。ですがいずれの場合も、現在は下水処理の技術も向上したたため原水となる河川もきれいになっており、浄水の技術も飛躍的に良くなっています。

昔と同じ感覚で、先入観から「水道水はまずい」「塩素臭い」と思われている方は、一度普通に蛇口から出る水をそのまま飲んでみてください。きっと「こんなに美味しかったっけ?」と水道水を見直すことができるでしょう。


【関連記事】
これでもまだミネラルウォーターを買い続けますか?専門家に聞いてみた

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。