暖房費節約のコツは隙間を塞ぐのがカギ

暖房効率UP
冬は暖かく快適に省エネ
そろそろ暖房器具のお世話になる季節になってきました。寒い冬をむかえる前には、ファンヒーターやストーブ、エアコンなどの暖房器具の点検は欠かせませんが、お部屋の方の冬支度はいかがでしょうか?暖房効率をUPさせるためには暖房器具への注意だけでなく、お部屋から改善しなくてはなりません。

冬の暖房費節約のために一番気を付けたいお部屋のポイントは「隙間」です。いくら暖房をしても隙間風が入ってくるようでは、なかなか効率よく部屋が暖まりません。そこで、その隙間を上手にふさぐことが重要になります。

カーテン

暖房効率UP
カーテンは床に付く長さで厚手の物を
窓は直接外気に触れる部分ですので、部屋の中でも一番空気が冷やされてしまう箇所です。カーテンはその冷気を防ぐための重要アイテムですが、まず注目したいのはその素材です。やはり厚手で保温性の高い素材の方がより冷気を防ぐことができます。

それから「長さ」が重要なポイントです。腰高窓などの場合は、窓枠より10センチ以上は下になる程度の長さが理想ですし、掃き出し窓のように床近くからはじまる窓ならば、カーテンは床に引きずるくらいの長さにしましょう。カーテンを床に引きずると、カーテンの裾が汚れていやだという方もいますが、冬場だけでも長くしておきたいものです。


暖房効率UP
6~7cm程度ならば調整が可能
右の写真のような、スライドできるアジャスターが付いたカーテンフックを利用すれば、ある程度カーテンの長さ調節ができます。カーテンがちょっと短いというお宅ならばこういった物を利用すると良いでしょう。

長さが短くて全く床に届かないという場合には、長い目で見ればカーテンを買い換えてしまった方が良いと思いますが、そのまま使うならば、床とカーテンの隙間にクッションや丸めたバスタオルなどを置いて隙間を埋めてしまう方法もあります。

他にはカーテンを伸ばしてしまう方法。カーテンにはけっこう長めの折りしろが付いていますので、その糸をほどいて折りしろをおろし、床に付く長さで縫うようにします。お裁縫が苦手で縫えないという方は、アイロン接着ができるテープが売られていますので、それを利用しても良いですね。

⇒次は部屋の出入り口