ドア・ふすま

暖房効率UP
ホームセンターなどで100円程度で売られている
同じ家の中でも、暖房をしているお部屋とそうでない場所ではずいぶん気温差が出ますので、部屋出入り口のドアやふすまなども隙間があると冷気が入ってきてしまいます。

こういった場所には隙間を埋めるテープが便利です。スポンジ状で裏紙を剥がすと接着できるようになっています。厚さや幅なども色々な種類が売られており、お値段も安価です。


暖房効率UP
テープ装着前
暖房効率UP
テープ装着後

このようにドアの下の隙間や、ふすまと柱の隙間などに手軽に貼ることができます。これだけで、隙間からスーッと入ってくる冷たい空気を防ぐことができます。


いかがでしたか。お部屋の暖房効率を上げるためには、できるだけ外部の冷たい空気を遮断する事が大切です。ですが、機密性が高くなればなるほど、暖房器具によってお部屋の空気は汚れやすくなりますので、一定時間ごとにしっかりと部屋の換気をする心がけも忘れずに。


【参考リンク】
暖房費節約のポイント
エアコンは電気代で選ぶ!
暖房費高騰が私達の家計に与える影響を検証




■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。