イメージ
 
通常ご家庭で水道を利用するものといえば、お風呂、トイレ、洗濯、食器洗いが主だと思います。その中でも「食器洗い」は、やり方次第で使う水の量が大幅に違ってくるもの。今回は、より節水ができる食器洗いの方法を要点ごとに分けてお話したいとおもいます。


食器洗いの7ヶ条

普段皆さんはどのように食器を洗っていますか?今は食洗機をお使いのご家庭も増えてきましたが、普及率はまだ1割程度。ほとんどのご家庭では手洗いが主流のようです。

食器洗いは毎日の家事ですから、より効率よく、より経済的にこなしたいものですよね。そこで「食器洗いの7ヶ条」として、食器を洗う時の節水のポイントを挙げてみました。


◇◆食器洗いの7ヶ条◆◇


【その1】 食べ終わった食器は重ねない

【その2】 洗う順番を守る

【その3】 洗う前に拭く

【その4】 排水は捨てない

【その5】 基本はため洗い

【その6】 頑固な汚れは付け置き

【その7】 洗剤は極力使わない


次ページで7ヶ条の各項目を具体的に解説⇒次のページ