野菜高騰で家計大打撃

野菜高騰
今年は台風や長雨の影響で、驚くほど野菜の値段が高騰しています。特にレタスやキャベツ、白菜などの葉野菜の価格の高騰ぶりにははびっくり。野菜は毎日の食卓に使うものだから、家計には大打撃です。皆さんはなにか対抗策をされていますか?


農水省の発表

農林水産省は今週、野菜の価格高騰への対策を発表しました。


対策の概要

◆野菜の緊急的な供給確保

 早取り等出荷の前倒しの実施
キャベツ、はくさい等について、価格動向、生育状況等を勘案しつつ、生産者団体等による早取り等により出荷の前倒しを実施

 ほうれんそう等の生育期間の短い野菜の生産促進
軟弱野菜等(ほうれんそう、こまつな、しゅんぎく、きゅうり)について、ビニールの被覆、通常よりも高めのハウス温度管理等を行い、生育・着果の促進を図ることにより、出荷量を増加させた生産者に対して奨励金を交付

 並級野菜(不揃い野菜)の出荷促進
曲がったきゅうり、小玉のきゃべつ等の通常では出荷されない野菜の出荷を奨励するため、こうした並級野菜を出荷した生産者に対して奨励金を交付


◆生産出荷団体等に対する出荷の確保要請

生産出荷団体及び主要生産県に対し、各種会議の開催、担当官の主産地への派遣等を通じて、出荷量の確保等を指導・要請


◆消費者等への情報提供

価格動向、輸入状況、産地の生育状況等について、情報の提供

農林水産省ホームページ参照

この対策で出荷量を増やし、価格を下げることが目的となっています。対策は野菜需要が増える年末まで。例年に比べて2倍から8倍ほどに高騰している野菜の価格ですが、今回取り組む対策によって平年並みの価格まで安定すると見込まれています。

私たちができること

政府も対策を考えてくれているようですし、スーパー各店も緊急に野菜を輸入するなどして対応を考えているようです。ですが、まだしばらくは厳しい状況が続くことは避けられません。毎日の事ですから、私たちも対策を考えていった方が良さそうですね。

具体的にどうすればいいの?⇒次ページ