スキンケア お悩みQ&Aシリーズ第3弾は【目元ケア】についてお届けします。毎日のお手入れの参考にしてくださいね!

Q.1 なかなか取れない目の下の「クマ」。どうしたら軽くなる?

A.1 クマには血行が悪くなることでできる、青っぽい「血行グマ」と、こすったりすることでメラニンが沈着してできる、茶色っぽい「メラニングマ」の2種類があります。人によって、どちらのタイプが現れやすいか異なりますが、「血行グマ」にはマッサージ、「メラニングマ」にはホワイトニングが有効です。今の時期は特に、寒さで血行が悪くなっていることが考えられるので、目元専用のクリームなどを塗るときに、目の周りに沿って軽くリンパの流れを促すように、やさしくなでるようなマッサージをしてみてください。

Q.2 朝、腫れぼったいまぶたを、即スッキリさせるには?

A.2 腫れぼったい原因のひとつに考えられるのはむくみ。血行とリンパの流れをよくすることで、かなり軽減されるはずです。むくみに有効なのは、やっぱりマッサージ。Q.1の回答でもご紹介したように、アイケアクリームを塗る時に軽くリンパの流れを促すようにマッサージしてみてください。むくんだままにしているとむくみの下の部分がシワになりやすく、常に流すことが必要なんです。また、古典的な方法ですが、温めたタオルと冷やしたタオルを交互にあてて、血行をよくする方法も有効です。ただ、マッサージするときもタオルをあてる時も、“やさしく”を心がけて。乱視の原因になってしまうそうなので、決して眼球を強く押さないでくださいね。

Q.3 気になる目元の小じわを解消したい!

A.3 しわになる大きな原因は水分不足。もちろんアイクリームは必要なのですが、その前につける化粧水が足りていないのかも?頬や額など広い場所と違って、目元は化粧水が十分に行き渡っていないことが多いんです。肌がもっちりするまで、しっかりと水分補給した上で、専用のアイクリームを重ねるようにしてみましょう。そして、クレンジングのときも要注意です。きちんとアイメイクアップリムーバーを使ってますか?落ちにくいアイライン、マスカラをクレンジングするために強くこすってしまうのも、小じわの原因のひとつ。アイメイクアップリムーバーをコットンに含ませ、ネイルを落とす時のようにやさしく押さえて、すっと拭き取ればこすらず落とすことができます。落としきれていないアイメイクは色素沈着を起こすので、面倒くさがらずにぜひ、アイメイクアップリムーバーを使ってください。

Q.4 目元の乾燥対策はどうしたらいい?
パソコン
ドライアイが目元のシワやたるみのモトに…

A.4 ちょっと乾いたなと思ったら、目元専用のアイテムをこまめにつけることです。それともうひとつ大切なのが、目薬。目元は体の中でいちばん皮膚が薄く、常にまばたきをしていますから、他の部位よりもやっぱり乾燥しやすいところでもあります。目が乾燥してくると、目を潤そうと余計なまばたきが増えますから、乾いたと思う前にチャージ。お化粧室に立つ時に、乾いていてもいなくても目薬とアイクリームを塗り足す習慣をつけると、数年後の目元に差が出てくるでしょう。

Q.5 まぶたがたるんで、二重が奥二重になってきちゃった…

A.5 例えば「太ってしまった」、「加齢によるもの」など、いろいろ原因は考えられるのですが、こんな原因も考えられます。まぶたは「腱膜」という膜で引っ張られているのですが、実はこの腱膜、簡単に切れちゃうんです。例えば、適当なマッサージ、まばたきのしすぎ、かゆくて強く目をこすってしまう…、心当たりありませんか?まぶたを引っ張る腱膜が少なくなってしまったら、当然まぶたは重くなっていきますよね。また血行を悪くする行為、例えば紫外線ダメージ、乾燥ダメージなども筋肉と腱膜を切れやすくする原因になります。基本的なことですが、保湿をたっぷりすること、紫外線対策、クレンジングなどを気をつけるだけでも、ずいぶん変わっていきますよ。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。