オートロックへの甘さ

そもそも、日本のオートロックシステムは欧米に比べて甘いと言わざるを得ません。一緒に入ろうとする人に対して、「No!」と言う人はほとんどいないでしょうし、ときには、自分もそうして他人に便乗して入ることもあるでしょう。日本人は、「お互い様」の精神もあり、「和」を重んじるので、争いを好みません。たとえ、(ちょっとイヤだな)と思っても、(自分がやらなくてもほかの誰かがやるだろう)(このマンションの居住者か、用事のある人だろう)などと思うようにしているのだと思われます。

これが、欧米のセキュリティのしっかりとしたところなら、「No! 私は自分で開けて入るから、あなたはあなたで自分で開けて入ってください」と言うものなのです。個人主義の徹底している欧米ならではということだけでなく、やはりセキュリティへの根本的な考え方に違いがあるのでしょう。日本では、セキュリティという言葉も概念も、まだ歴史が浅いということはいえます。

もちろん、最新のマンションなどでは、IDカード利用や何重にも敷かれたセキュリティゲートを通過しなくては入館できない、エレベーターも自宅階にしか止まらない、24時間の監視体制があるなど、ハイレベルのセキュリティ設備を誇る物件も出てきており、新築物件には特にセキュリティの充実が不可欠となってきています。

しかし、既存の物件においては、従来の4桁の数字入力によるシステムがまだまだ多いと思われます。多数の人が暗証番号を知っている建物、一緒に入ろうとする人を安易に入れてしまうような人が多い建物は、それだけ不審者侵入の可能性も高くなります。防犯監視カメラの設置状況等にもよりますが、誰か一人でも、建物への不審者の侵入を許してしまうと、居住者全員に危険が及ぶことになります。(一人くらい大丈夫だろう)という甘い考えは禁物です。

定期的に変更を

暗証番号は定期的に変更を
暗証番号は定期的に変更を
建物のオートロックやドアロックの共用する暗証番号は、定期的に変更することは必須条件です。そこを利用する人の数の多さにもよるでしょうが、少なくとも半年に1度、あるいは3ヶ月に1度、2ヶ月に1度など、適宜変更するといいでしょう。これには、少なくとも居住者や在職者などすべてに徹底する手間がかかりますが、この手間も費用(人件費や変更事項通達の印刷物など)も、すべて安全管理対策に必要な経費=安全経費として、計上すべきものと考えられます。

また、利用者各自もその都度、覚える手間がありますが、わずか4桁の数字ですから、これくらいは自らの安全レベル維持のためと割り切って、覚えるようにしましょう。暗証番号を語呂合わせなどで覚えやすい番号にすることも、設定時に考えられるといいかもしれません。皆さんがご利用になっているオートロックの暗証番号の変更状況はいかがでしょうか。長期間、何年も変更していないようだと、今回のような事件を招きかねません。当たり前のようになっていて気づきにくいのが、共用の暗証番号の危険性なのです。


■あなたの一票/オートロックで誰かが一緒に入ろうとしたらあなたは?
あなたの一票【過去の一覧】で結果をご覧下さい。

■関連ガイド記事
  • 盗撮ショック!不安な個室
  • 盗撮カメラ 女子高生が発見
  • 盗撮されたかも?しれない女たち
  • 真夜中の待ち伏せ
  • 出会い系サイト~悪癖の発覚
  • 暗証番号は死守せよ!ニセ電話に答えるな!

  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。