頻発する盗撮事件

携帯電話のカメラで…
携帯電話のカメラで…
女性のスカートの中を狙った盗撮事件が後を絶ちません。学校の教師や公的機関の職員などによるものも目立ちます。カメラ付携帯電話の普及や、盗撮用の極小カメラや画像を電波で飛ばして受像するようなシステムも容易に入手できることなど、盗撮をしやすい条件があるということは否定できません。

だからといって、誰もが盗撮をするわけではなく、法律で禁止されていることは知っていてもやってしまう人たちがいるということです。女性のスカートの中に並々ならぬ興味を抱く男たちのうち、実際に盗撮という行為に走ってしまう者たちが絶えないというのが現実です。

巧妙な手口

単純に携帯電話のカメラで撮ったり、デジタルカメラで撮ったりという手口が非常に多いのですが、最近はビデオだけでなく、携帯電話やデジタルカメラの動画による盗撮も行われているようです。また、バッグやカバンにカメラを仕込んで盗撮する手口も多く見受けられ、故意による確信犯であり、より悪質であるといえるでしょう。

【ケース1】愛知発:小学校教諭(35歳)が駅で女子高生のスカートの中を盗撮。容疑者は、縦5センチ、横8センチ、厚さ7ミリのカメラを新聞紙にくるんで駅の階段に置いて、十数メートル離れた場所から操作して映像を受信、カバンに入れた装置でテープに録画していた。

【ケース2】神奈川発:自称「大学の研究員」(33歳)が、横浜市の公園で仮装パレードを終えて仮設更衣室で着替えの順番を待っていた女子高生2人のスカートの中を、リュックサックに隠したビデオカメラで盗撮。

【ケース3】奈良発:消防署の消防士長(32歳)が、奈良県立陸上競技場で、陸上競技大会の応援に来ていた女子高生(16歳)のスカートの中を、ウエストポーチに隠したビデオカメラで盗撮。

書店やコンビニでも
書店やコンビニでも
【ケース4】埼玉発:中学校教諭の男(25歳)が、コンビニで、女子高生(16歳)に後ろから近づき、バッグの中に隠したデジタルカメラでスカートの中を動画で盗撮。

【ケース5】埼玉発:中学校の男性教諭(42歳)が、昨年12月、駅構内の書店で、女性のスカートの中をカバンに入れたビデオカメラで盗撮。

【ケース6】宮城発:山形県の生活安全調整課の男性主査(39歳)が、昨年12月、仙台市の家電量販店で、手提げバッグに隠していたデジタルビデオカメラで女性のスカートの中を盗撮。

【ケース7】静岡発:静岡市の県財務事務所職員の男(33歳)が、市内のコンビニで、自分が履いていた運動靴のつま先に小型レンズを取り付けて、隠し持っていたビデオカメラで17歳の女子高校生2人のスカートの中を盗撮。

ほかにもこれまでさまざまな事例が報告されています。見つからないような細工をしてはいても、捕まったときには手口の悪質さがかえって際立ち、心証が悪くなることは間違いないでしょう。

次ページでは、ねらわれやすい場所、被害を避けるための提案などをお伝えします。

→スカートの女性は要注意!/盗撮男を捕まえろ!/あなたの一票/関連防犯ガイド記事
→→あなたの一票投票結果/関連防犯ガイド記事