《出会い系サイトをやらない理由》
→C夫さん  だから、いわゆる“出会い系”というのはホントにやってないです。 

佐伯  それはどうして? 何か特別、偏見とか不信感とかそういうものに対する嫌悪感があるとか、お金を払うのがイヤだとか?(笑)

C夫さん んー、別に特別、偏見があるというわけじゃなくて。

佐伯  ガールフレンドや彼女には不足していないとか?

C夫さん  あ、不足はしてますよ。ってゆうか不足はしまくりなんですが(笑)

一同 (爆笑)

C夫さん  お金を払うのがイヤってことじゃなくて、なにもお金をかけてまでしようという気になれないんですよ。何もそこまで、と。

《ダイヤルQ2とは?》
D介さん  悪かったですね~(笑) あのね、“Q2”ってのはね

D介さん、いきなりB子さんに解説を始めました。

D介さん  本来は全然いかがわしいものではなくて、情報料を取る番組なんですよ。「0990」で始まる電話番号で、1分間いくらで情報を提供するシステムなんだよね。一番最初に「この番組は1分間何十円で提供されます」とアナウンスが入るわけ。たとえば競馬情報とかサッカー情報とかいろんな情報があったのだけど、一番もてはやされたのが“エロジャンル”で、“出会い系”というか、私設テレクラみたいない感じで始まった。男はだいたい1分100円でね。つまり1時間6,000円払うってこと。

B子さん  ええ? 1分100円? 高い。男の人は大変ですねー。

A子さん  でも、女の人はタダなんですよね。フリーダイヤルで。

B子さん  えー? いいですねぇ。

一同  (爆笑)

B子さん、天然キャラ?

《出会いは》
佐伯  A子さんは、“出会い系サイト”とか、ご体験はありますか?

A子さん  うーん、私も一度もないです。

佐伯  “出会い系サイト”をやっているような男性はイヤ、とか、何かそういうものはありますか?

A子さん  あ、そう言うのは全然ないですね。それをやっている男の人だからどうこう、というのはまったくないです。

佐伯  だけど、現実問題として、皆さん、お仕事されてるわけですが、「出会いの場」ってありますか?