きっかけは友人

友人のすすめで出会い系サイトの「サクラ」のアルバイトを始めた人妻A弓(32才)は、逆の意味ではまっていた。「簡単にお金になる」ので、最初はビックリしたがもうやめられない、と思っていた。

1件につき○○円ということで、1日に数時間で月に軽く10万円を越えたのだ。時給850円で近所の弁当・総菜店でやっていたパートの仕事がばからしく思えた。大変な立ち仕事より、自宅で出来てラクだったし、収入もグンと上がった。

夫(37才)は会社のリストラで、仕事内容は厳しくなったが収入は減った。家のローンもまだかなり残っている。子供はまだこの先、塾だ進学だと金がかかる。A弓は「サクラ」のバイトを素晴らしいと思った。

「27才の人妻。夫が忙しいので気軽に楽しく遊べる人を探しています」

など、顔が見えないし声も聞こえないので、どうにでも化けられる。年齢や条件を微妙に変えて、まるで自分が多重人格になったように感じられた。女優のようにいろいろな女を演じた。

調子のいい言葉、おかしな自慢、なんとか出会おうとする男達のあれやこれやのメールは、最初の頃はいちいち笑ったり(ばっかじゃないの)と思ったが、3カ月もするとすでにもう機械のように適当な言葉を返すことが出来るようになった。


“サクラ”に専念

銀行口座に振り込まれる金額は10数万円になった。中には何十万円も稼ぐ人もいるらしい。4カ月目には弁当・総菜店のパート仕事をやめて“サクラ”の仕事に専念することにした。朝から夜まで家事の合間を縫って精を出した。(これだけ働いたのだから来月は30万円くらいになるかも)思わず笑みがこぼれる。

しかし、振り込み予定日を過ぎても入金がない。サイトもなぜかアクセスできなくなった。会社に電話しても「現在使われておりません」のアナウンスが流れるだけ。