フォルテシモ
贅沢で快適なバス旅行へGO!写真はピアニシモ。裸足なのは実は足裏マッサージ中。足のむくみもとれて、気持ちいい!
最近大人気のバス旅行。乗車すれば目的地まで一直線!乗り換えも、重たい荷物も関係なし。しかも料金がリーズナブルというのが人気の秘密。でもバス旅行って、乗車時間が列車と比較してどうしも長くなりがち。しかも、列車のようにウロウロできないので座席の快適さは旅を楽しむにおいて重要なポイント。

一言で“バス“といっても、その仕様は様々。今回は、飛行機のファーストクラス、新幹線のグリーン車に負けない乗り心地のバス、「ピアニシモ」と「フォルテシモ」を御紹介します。はとバスが提案するプライベート感覚の新しいバス旅行の魅力に迫ります。

MENU
■45人乗りを28席に。シート幅55cmはファーストクラス並み!
■コーヒー片手に音楽?それともブランケットにスリッパでリラックス?
■コース設定も、ゆったりと。上質なスポットへご案内
■予約はお早めに!ガイドのイチオシ「ピアニシモ」「フォルテシモ」で行くツアー
■参考)ガイドのピアニシモレポート
豪華バスの旅~薬師温泉旅籠、女二人旅


45人乗りを28席に。シート幅55cmはファーストクラス並み!

ピアニシモ
ピアニシモ車内。二人がけは肘掛を上げればゆったりと使える仕様に
もともと乗り心地の良さで定評のあるはとバス。その45人乗りのバスを28席(フォルテシモは27席)に改良したのが、今回御案内する「ピアニシモ」と「フォルテシモ」。通常縦11列ある座席を10列に。横も、二人がけの座席が両側にある横4列のタイプを改め、二人がけと、一人がけの3列に。その為、シートピッチもシート幅もバスとは思えない贅沢さです。

なんとシート幅は55cm。飛行機のビジネスクラスの標準的なシート幅は約50センチ~55cm。新幹線のグリーン車は47.5cmというから、そのシートの快適さは、保証付。

フォルテシモ
落ち着いた雰囲気のフォルテシモ車内。独立したパーソナルな椅子が特徴。
それぞれにこだわったインテリアも素敵ですね。また、フットレスやリクライニング、そして可動式枕もあり、体を包みこむような座り心地は快適そのもの。外へ目をやれば、大きな境目のない窓ガラスからは見事な景観も堪能できます。

いかがですか?いままでのバス旅のイメージがちょっと変わりませんか?しかし、実はこのバスのすごいところは、座席だけではないんです。次ページからは、様々なハード、ソフト面のサービスをご紹介します!

>>次ページは>>ドリンク片手に音楽?それともブランケットにスリッパでリラックス