梅雨時期はツアーや宿泊料金もお得

6月初旬の梅雨入りから、夏休み前の7月中旬までは、梅雨の影響やGWと夏休みの狭間となり、旅行需要が落ち込みます。その為、梅雨のない北海道や、6月末に梅雨明けする沖縄を除き、多くの地域でツアー料金や宿泊料金は低めの設定となります。上手に梅雨と折り合いをつけてお得に旅へでかけましょう!

<MENU>
雨が降っても問題なし!近場の宿でお籠り滞在
天気と相談してからLet’s go!日帰り旅のすすめ
雨だからこそのお楽しみ!梅雨限定の景色を求めて
やっぱり雨は嫌。そんな方は梅雨のない場所へ

雨が降っても問題なし!近場の宿でお籠り滞在

屋外のアクティブな旅は、天候に左右されやすいもの。いっそ梅雨の時期は「雨は降るもの」と仮定して、宿でのお籠り滞在を目的に旅を計画してみてはいかが?温泉宿やホテルで、美味しいものを食べ、温泉につかり、ゆったりっと語らう。あるいは読書やエステなど、気ままに過ごせば、心身も整います。

また、温泉地のホテルなどの中には、施設が充実していて宿の中で様々な体験ができる宿もあります。宿に籠ってアクティブ過ごすのもいいでしょう。

<例えば>おすすめのアクティブ温泉ホテル
スパリゾートハワイアンズは、屋内は年間を通じて28度に設定され、温泉や温泉水のプールで楽しめます。お子様専用エリア、スリルのあるスライダー、熱帯魚やサメなど約1,300 匹の魚たちと一緒に泳いでいる感覚が味わえるアクアリウムプールなど、施設も多彩。他にも、水中ウォーキングやアクアリラクゼーションなど心身のメンテナンスをするプログラムが充実。夜はフラガールのショーで心も元気になります。首都圏11か所から宿泊者専用の無料送迎バスを運行。
ハワイアンズ

ハワイアンズのアクアリラクゼーションは心身のメンテナンスに最適(撮影:村岡栄治 )


星野リゾート リゾナーレ熱海 には、2016年9月に”ソラノビーチ Books&Cafe”が誕生。高台に建つホテルの最上階にあり、熱海の街を見下ろす絶景が広がります。450平米の室内には、オーストラリア産の白砂が敷かれ、まるで海外のビーチリゾートのよう。もちろん室内なので、梅雨も関係なく、好きな本を読みながらのんびりと過ごすのには最適。フォトジェニックな空間は、身を置くだけでパワーが湧いてくるよう。
星野リゾートundefinedリゾナーレ熱海undefinedソラノビーチ

星野リゾート リゾナーレ熱海 ソラノビーチ 「Books&Cafe」


旅行計画のポイントは、近場など交通費を安く済ませ、宿や客室は妥協せずに選ぶこと。長い時間を過ごすからこそ、宿や客室選びは大切です。梅雨の時期は、憧れの宿もお得に、人気の宿も予約が取りやすいなどのメリットもあります。