以前にもお伝えしたとおり、2006 年11 月16 日よりハワイ州では、非喫煙者の健康を間接喫煙の害から守ることを目的として、州や郡が定める公共の場所が禁煙区域と設定される新禁煙法(Healthy Air & Workplaces Law)が施行されます。
 ⇒ 過去記事参照「ハワイでタバコが吸えなくなる!? 新禁煙法

日本でも大きく報道され、たくさんの喫煙者の皆さんが心配している中、いよいよ法律の実施まで秒読み段階。地元ハワイでも、準備が始まっています。最新の様子をお伝えすると共に、「タバコが吸える場所」についてもまとめましたので、ご参照ください。

ハワイのビジネスも準備開始。いよいよ本格始動

ハワイ新禁煙法
ハワイ州が提示する看板のサンプルのひとつ。16日からは、こんな看板があちこちに出てくるのでしょうか。
新禁煙法の施行を前に、11月上旬、州内のレストランやバー、ビジネスのオーナーが集まって、新法令についての最終確認を行いました。

11月16日より、ハワイ州内のすべてのレストラン、バーは屋内外に関わらずすべて禁煙となるほか、入口や窓などの20フィート以内も禁煙指定場所となります。事業者は、法令を説明する看板を必ず提示しなければなりません。看板は「Smoking Prohibited by Law(喫煙は法で禁止されています)」と書くか、または世界的に使われている禁煙マーク(次ページの図を参照)を使用することと定められています。

ハワイ州民に禁煙や二次喫煙の害を訴えている非営利団体タバコフリー・ハワイでは、「これは多くの人々の健康につながるとても歓迎すべきことです。このことで年間500人の命が救われることが予測されています」と発言しています。

 ⇒ タバコが「吸える」場所については、次ページで明確にしておきましょう。